スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

ラリー・フリント

ラリー・フリント コレクターズ・エディション


~あらすじ~
ポルノ雑誌「ハスラー」の創刊者ラリー・フリントは、J・オナシス(ケネディ元大統領夫人)のヌード写真をスクープした号の大ヒットでアメリカン・ドリームを手に入れる。
しかし、そのスキャンダラスで不道徳な内容で、ついには猥褻罪で起訴されてしまう。
憲法修正第一条に基づく「表現の自由」を盾に、ラリーは最高裁判所に上訴するのだが・・・。


アメリカという国は本質的には保守的で自由のない国なんだと思った。
政治や宗教の絡む話は現実でもあまり好きな分野ではないが、この映画は堅苦しくならずに見れる。
登場人物が魅力的過ぎる!!
ラリー・フリント(ウディ・ハレルソン)の「天才とバカは紙一重」っぷりというか、信念の強さには驚く。
とにかく配役がいい。
妻役のコートニー・ラブはミュージシャンとしては好みではないが、実生活さながらのエキセントリックな演技にはやられた。
整形しまくりだろうとなんだろうと、とにかくキレイでカッコいい。
クスリにはまり、エイズで亡くなる役なんだけど、夫を愛し、支え、差別される病気にかかった胸中を見事に演じている。
エイズは神が与えた罰だ、みたいな場面があるが、ラリーがそれをきっかけに(?)上訴しようとするところにグッとくる。
弁護士役のエドワード・ノートンも見かけはひ弱でも、実は敏腕弁護士という、とても「正義の人」になりきっているのが良い。


みんな実在する人物っていうのがすごい。
DVDのコレクターズ・エディション版では特典映像として本人も登場してインタビューに答えたり、当時の新聞とかテレビでの報道もあるので是非、コレクターズ・エディション版で見てもらいたい。
俳優と本人たちがかなり似ていておもしろい。
ラリー・フリント(本人)は劇中でも判事役で出演していて笑える。


好みの分かれる映画だが、私は大好き。

スポンサーサイト

2006年04月22日 | 映画・テレビ | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿








管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://rhye.blog56.fc2.com/tb.php/58-46dbe881

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。