スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

となりのトトロ

となりのトトロ

となりのトトロ
(2001/09/28)
日高のり 子坂本千夏
商品詳細を見る

今回はあらすじ省略。
詳細は
Wikipediaなどへどうぞ。

テレビで放映していると何回目であろうとどうしてもまた観てしまうジブリ作品。
1988年公開の映画です。

画面からマイナスイオンが発生するかのような気持ちの良さを味わえる作品です。
不思議なことに齢を重ねるにつれて泣き所が増えてくるんです、宮崎監督のは。
公開前のキャッチコピーが「忘れものを、届けにきました」。
巧いよなぁ。

「故郷(ふるさと)は遠きにありて思うもの」。
室生犀星の詩「小景異情」の一節なんか思い出しちゃったり。

今回観て感じたことは、子供の観察が抜群だなと。
私は長女なんですが、サツキの気持ちがわかりすぎるほどわかって259
どんなに幼くても「お姉ちゃんなんだから」っていう周りの期待と自覚は裏切れないものなんです。
メイをおんぶする場面や、おばあちゃんの前で堪えていた涙が堰を切る場面なんかは胸が締め付けられます。
幼かった頃の自分やサツキ、抱きしめたいくらい愛おしい。

今回は姉妹の関係に熱くなりましたが、次回観るときはまた違った箇所で熱くなることでしょう。

スポンサーサイト

2008年07月18日 | 映画・テレビ | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿








管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://rhye.blog56.fc2.com/tb.php/498-479460da

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。