スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

猫の恩返し

猫の恩返し / ギブリーズ episode2

猫の恩返し / ギブリーズ episode2
(2003/07/04)
池脇千鶴 袴田吉彦
商品詳細を見る

~あらすじ~
宮崎駿が企画し、新人・森田広幸が監督したスタジオジブリ作品。
同社の1995年度作『耳をすませば』の姉妹編的要素をもつ作品でもあり、原作は柊あおい。
車にひかれそうになった猫を助けたことから、猫の国に招かれた高校生少女ハル(声:池脇千鶴)の冒険を、ジュヴナイル感覚で描いていく。
作画や演出タッチなど従来のジブリ作品とは大いに異なり、冒険のダイナミズムよりも、どこかはかなげで淡々とした思春期の味わいをこそ強調している節もある。
いわば21世紀のジブリ・アニメの模索の始まりともいえる作品だ。
はじめはハルを息子の嫁にと願っていながらも、その息子に恋人がいるとわかるや、自分の嫁にと無理強いする傲慢な猫の王様の声を、丹波哲郎がこの名優ならではの怪演で披露し、映画的な間を多いにもたせている。(的田也寸志)
63
Amazon.co.jpより転載

テレビで放映していたのを観ました。
正規の上映時間も75分で気軽に観ることが出来ます。
その反面、映画としての深みには欠けます。
目を離せなくなるシーンが私にとってはなかったのが残念でした。
もちろん時間が長ければ良いというものでもありませんが。
従来のジブリ=宮崎駿という先入観を持って観ると期待はずれとなるので別物と考えて観るとそれなりに楽しめます。
万人に受けるというよりも、単純に猫好きか、10代前半の女の子向けの限定されるような仕上がりでしたが。

原作は柊あおいということですが、彼女とジブリの関係って一体なんなんでしょうかね?
「りぼん」なんかでマンガを描いてた方ですよね。
「耳をすませば」のバロンとの関係性も気になるところです。

個人的には私は犬派で猫にそれほど興味はないのですが。
一般的に想像しやすい猫「らしさ」が満載で猫も悪くないななんて思いました。

声優陣も悪くなかったですよ。
斉藤洋介(トト)、佐戸井けん太(ナトリ)、濱田マリ(ナトル)、山田孝之(ルーン)、佐藤仁美(ひろみ)、岡江久美子(ハルの母)、本名陽子(チカ)。
大泉洋も出ているらしいです。
本名陽子さんって「耳をすませば」の月島雫でしたね。

感想としてはバロンのカッコよさがすべてでした415
猫だから許せるんですが。
あんな気障な紳士猫…恥ずかしながら大好きです446

つじあやの「風になる」同様、ゆるさの心地好い作品でした。
 

その後、この物語は「耳をすませば」の主人公月島雫が創作した物語なんだということを知りました。
スポンサーサイト

2008年07月04日 | 映画・テレビ | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿








管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://rhye.blog56.fc2.com/tb.php/490-b76207f9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。