スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

バットマン リターンズ

バットマン リターンズ

バットマン リターンズ
(2007/06/08)
マイケル・キートン
商品詳細を見る

~あらすじ~
街で噂されている怪人、ペンギンは実業家マックスを誘拐し、下水道暮らしから地上での生活をできるよう手引きをしてもらう。
一方マックスの秘書セリーナはマックスの悪事に気が付き殺されてしまう。
だが、彼女はキャットウーマンとして復活。
やがてバットマンの前に、ペンギンとキャットウーマンが立ちはだかり…。

DCコミックのヒーロー“バットマン”をティム・バートン監督が映画化した2作目。
今回は、あまりの醜さに両親に捨てられてしまったペンギンと、セクシーなキャットウーマンがバットマンの前に立ちはだかります。
前作から変わらずマイケル・キートンがバットマンを演じ、ダニー・デビート(『ツインズ』)、ミシェル・ファイファー(『スターダスト』)らと共演しています。
63GyaOより転載

昨日観た「バットマン」に続き今日は「バットマン リターンズ」。
前作より断然ティム・バートン色が強いですね。
「シザーハンズ」の二年後に制作と知り妙に納得。
えぐい大人のおとぎ話。
オープニングは「くるみわり人形」を感じさせます。

前作は終始ジョーカーに釘付けになってしまいましたが、今作は濃いーのばかり330
でも今回もみんな「人間」ばかりなんですよ。
「フリークス達のエレジー」といった形容がぴったりくるんじゃないかな。
単純なヒーロー物じゃないと今更ながら認識しました。
深読みすればするほどせつなくなるストーリーです。

あいかわらず突拍子もない小道具の使い方には楽しませてもらいました。
キャットウーマン役のミシェル・ファイファーのアンバランスな美しさと、しなやかな動きは適役でしたね。
自身の衣装を手縫いには笑いましたが、滑稽なことを一生懸命になっているのはかわいそうにも思えます。
ジョーカーもそうでしたが、バットマン以外のキャラクターは生き生きとしているのが面白い。
バットマンの孤独感や悲しさも伝わるんですが、やっぱり薄い。
マックス役のクリストファー・ウォーケンって市村正親っぽいと思うのは私だけでしょうか?

狂気と正気、善と悪…相反するものはつねに紙一重なんですよね。
うーん、好きか嫌いかと訊かれれば間違いなく好きと答えるんですが。
手放しで傑作!というほどのものではなかったです。
江戸川乱歩や「
ファントム・オブ・パラダイス」「キャリー」が好みの方にはオススメできます。

スポンサーサイト

2008年06月30日 | 映画・テレビ | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿








管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://rhye.blog56.fc2.com/tb.php/489-3323ccec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。