スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

霊ナァンテコワクナイヨー

霊ナァンテコワクナイヨー


霊ナァンテコワクナイヨー
美輪 明宏 (2004/04/10)
PARCO出版
この商品の詳細を見る


出版社/著者からの内容紹介
「霊が人間の生活にどういう影響を与えているか…」 霊界早わかり! 
ホントは怖い霊の世界。
怖がらずに生きていくために、 本当の幸せを知るために、この本をお読みください。
ベストセラーとなった『人生ノート』『ああ正負の法則』に続く、書き下ろし第三弾。
霊界と人間界のしくみから、霊的なことを踏まえた開運法、 美輪氏の体験談、不思議な話・お化けの話まで。
人間の本当の幸せとは… 霊を怖がらずに生きるには… すべての答えがここにあります。


またしても心霊関係の本の紹介です263


私はもともと霊だとか霊界だとかをそれほど信じるタイプではないです。
というものも、霊感があると堂々と言い切る人や、そういうのをビジネスにしてしまっている人達に限って人徳が感じられず不信感ばかりが大きくなっていたからです。
私自身が心霊現象を体験をしたこともありませんし。
だけど両親や生前の祖父母がお墓やお仏壇をとても大切に護っている姿を見て育っているので、気づかないうちに信仰心というか、ご先祖様を敬う気持ちみたいなものは持っていました。
なのでそういう世界を完全に否定することも肯定することもなく育ってきたのですが。


昨日、佐藤愛子さんの「私の遺言」、そして今日美輪さんの「霊ナァンテコワクナイヨー」を読んで、単純ですが霊はいる、霊界はあると思いました。
信じる信じないは別として、そうとしか言いようがありません。
この二冊はセットで読むことをおすすめします(よりわかりやすいです)。
ただ、そういう思いにはなったけれど信仰宗教に依存、傾倒したりするつもりも予定もさらさらありませんし、何かをしなくっちゃという観念にとらわれてしまったということもありません。
そういうことを強要している本ではないからこそ、気負わずに読めます。
言葉では説明できなかった漠然とした思いや考えが「ああ、そういうことだったのか」とすんなり理解できる本、とでも言えばいいでしょうか。


霊=怖いというイメージが大きいですが、接し方(語弊があるかもしれませんが「考え方」くらいのニュアンスで)を知ればコワクナイヨーということがわかります。
自身の存在する意味やルーツを知りたいと思うきっかけにもなりましたし、逆に現在デタラメなことをしている他人に対して哀れみを感じるようにもなりました。


この二冊を読んで価値観が変わりましたね。

スポンサーサイト

2007年05月23日 | | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿








管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://rhye.blog56.fc2.com/tb.php/469-70477300

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。