スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

ザ・ハリケーン

ザ・ハリケーン


ザ・ハリケーン
デンゼル・ワシントン (2000/12/21)
東宝
この商品の詳細を見る


~あらすじ~
1966年、ニュージャージー州で起きた3人の男女の殺人事件の容疑者として逮捕された天才ボクサー、ルービン・“ハリケーン”・カーター(デンゼル・ワシントン)。
ルービンは、人種偏見に満ちた裁判の結果、終身刑を宣告されてしまう。
再審もうまくいかず人々がルービンを忘れようとしていた時、ある少年が無実を訴える彼の自伝と出会い…。


無実の罪によって30年も投獄された実在の黒人ボクサーの半生を描く人間ドラマ。
アカデミー賞も獲得した実力派俳優デンゼル・ワシントン(『トレーニング デイ』)が1年をかけてボクサーとしての体を作り上げたという迫真の演技もみどころ。
人種偏見という問題を描きながらも、サスペンスとしても緊張感のある作品です。
63GyaOより転載


実話をもとにして作られたフィクションです。
私はよく「実話なんだー」と全てを鵜呑みにしてしまうので330


ボクサーが主人公ですが、ボクシングがメインではなく冤罪がテーマの映画です。
デンゼル・ワシントンの心情の変化、演技は一見の価値ありです。
内に秘める熱さを感じます。
少年との奇跡的な出会い。
偶然ではなく必然という気がしますね。
考えさせられる台詞もたくさんあります。


ボブ・ディランの"Hurricane"、今更ながら意味がわかりました。


日本でも同時期にボクサーの冤罪事件がおこっています。
袴田事件です。


ザ・ハリケーン
ルービン・カーター事件

Wikipediaへのリンクです。
詳細を知りたい方はどうぞ。

スポンサーサイト

2007年05月14日 | 映画・テレビ | トラックバック:1 | コメント:1

コメント

ボクシング協会の要請書・支援活動資金の募金の事
ご存知でしょうか?

http://blogs.yahoo.co.jp/jijiinomomiji/14091882.html

転載していただけないでしょうか?

2007年08月04日 | URL | まあまあ | 編集


コメントの投稿








管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://rhye.blog56.fc2.com/tb.php/468-3511a2de

袴田事件

袴田事件袴田事件(はかまだじけん)は1966年、静岡県清水市(現静岡市清水区)で発生した強盗殺人放火事件。味噌製造会社の専務の一家4人が殺され、当時従業員であった元プロボクサーの袴田巌(現死刑囚)が強盗殺人、放火容疑で逮捕される。警察の取調

2007年06月27日 | もえかのブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。