スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

es[エス]

es[エス]


es[エス]
モーリッツ・ブライプトロイ (2004/03/03)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る


~あらすじ~
元雑誌記者のタレクは、“被験者求む。模擬刑務所で2週間の心理実験”という新聞広告を見て、レポートを書こうと実験に応募する。
集められた被験者たち24人は、看守役と囚人役に分けられ生活するように命じられた。
しかし、実験開始から1日も経たないうちに被験者たちの態度は次第に暴力と服従に分かれ、実験は混沌とした状態に陥っていく…。


わずか7日間で実験中止―それは人格を狂わす禁断の心理実験。
1971年にスタンフォード大学で行われ今も実施禁止となり、訴訟問題にまで発展した実験を描いた問題作。
監督を務めたのは、『ヒトラー ~最期の12日間~』のO・ヒルシュビーゲル。
ごく一般の人が、次第に人格を狂わせていく様子に背筋が凍ります。
63GyaOより転載


実話をもとに作られた映画ということで、とても興味深く観ました。
かなり脚色された部分もありますし、突っ込みどころも満載なんですが、映画としてはなかなかの出来。
久しぶりに視聴中、目を離すことなく観た作品でした。


人間の順応能力の強さに驚きます。
制服(ユニフォーム)や格子一枚隔てただけで「その気」になってきちゃうんですね。
それらもすべて人間が作ってきた基準なのに、本能的に与えられた役割をまっとうしようとする姿には、教授ならずとも「この先どうなるんだろう?」という興味をおさえずにはいられませんでした。


ドイツ映画だってことがさらにインパクト強くしています。


余談ですが、主人公のタレクのふとした表情がフレディ(QUEEN)に見えてしまって…263


実際の実験の詳細はコチラを。

スポンサーサイト

2007年04月25日 | 映画・テレビ | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿








管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://rhye.blog56.fc2.com/tb.php/449-1de0fde5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。