スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

アリス

アリス

アリス
ナオミ・ワッツ (2003/02/21)
ハピネット
この商品の詳細を見る


~あらすじ~
幼い頃に両親を亡くし、領主フェアフィールド家に引き取られて育ったアリス(ナオミ・ワッツ)。
18歳になった時、育ての親スクエアーに求婚されるが、アリスはスクエアーの息子チャールズと駆け落ちをしてしまう。
チャールズと人知れず結婚をし、田舎町のある洋館に逃げ込むアリスだったが、その館でアリスは不気味な何者かの気配を感じるようになり…。


『女吸血鬼カミーラ』などを執筆したミステリー小説作家JS・レ・ファニュの原作を元にしたホラーサスペンス。
19世紀のイギリスを舞台に、夫と暮らす洋館で不気味な人影や謎に翻弄される女性を描いた作品です。
恐怖に顔をゆがめる姿も美しいナオミ・ワッツ(『リング』『キングコング』)が主演を、主人公の夫をイアン・グレン(『トゥームレイダー』)が務めました。
63GyaOより転載


19世紀のイギリスが舞台とだけあって、雰囲気はとても良かったです。
しかし、内容が…。
「テレビ映画」なのだから仕方ないか、と観た後がっかりしました。
題名も「アリス」とあり、ルイス・キャロルを連想しましたがまったく関係なかったですし。


不気味な雰囲気は楽しめますが、内容はダメダメです。
ネタバレしちゃうと相続問題が軸になっているので、まさに火○サスペンスのノリ。
(それ以下ですが。)
単なる復讐劇のような…。
かといって、感情移入できるような登場人物もみあたらず。


あの盲目の女性の超人的なパワーがどこから来るのかも謎ですし…。
ラストもそれなりに落ち着くんですが、納得できないほうが強かったですね。
どうせなら最初から嘘かほんとかわからない「悪夢仕立て」にしたほうが怖かった気がします。

スポンサーサイト

2007年04月24日 | 映画・テレビ | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿








管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://rhye.blog56.fc2.com/tb.php/448-82bc7ff7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。