スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

フラバー

フラバー


フラバー
ロビン・ウィリアムズ (2006/02/22)
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
この商品の詳細を見る


~あらすじ~
天才科学者フィリップ博士(ロビン・ウィリアムズ)は、経営難の大学を救おうと研究に没頭するあまり、恋人サラとの大事な約束をいつも忘れてしまう。
そんなある日、不思議なエネルギー体フラバーの発明に成功したフィリップ。
だが、喜んだのも柄の間、なんとサラとの結婚式をすっぽかしていたのだった!
フィリップがサラとの仲を修復しようとするなか、資産家・ホーニッカーがフラバーを悪用しようとして…。


1961年の古典名作『フラバー うっかり博士の大発明』をリメイクした作品です。
主演は『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』でオスカーに輝いたロビン・ウィリアムズ。
SFX技術を駆使して描かれた、画面いっぱいに飛び回るキュートなフラバーの姿は必見です。
音楽を担当したはのは、ティム・バートン作品でお馴染みのダニー・エルフマン(『チャーリーとチョコレート工場』)。
63GyaOより転載


勧善懲悪、コメディ、ロビン・ウィリアムズなので期待して観ましたが…。
前半、スムーズに笑えないんですよ。
何か細切れ感のある、ざらついた笑いばかりで。
当時のSFX技術は評価できますが、やはり現在観ると古く感じます。
きれいでかわいいスライム状のフラバーは思わず触りたい!と思うほど。


バスケの試合のシーンはスピード感もありおもしろかったです。
秘書兼お手伝いロボットのウィーボがいじらしくて泣けますね。
フラバーよりもフィリップ博士よりも魅力的なキャラクターかも。


リメイク作品のようですが、前作を超えられなかったような感想をいろいろなところで読んだのもわかるような…。
「スタンド・バイ・ミー」に出演していたウィル・ウィートン(ゴーディー役)が出ていたことにはびっくりしました

スポンサーサイト

2007年04月04日 | 映画・テレビ | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿








管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://rhye.blog56.fc2.com/tb.php/427-8e6bed15

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。