スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

理想の女(ひと)

理想の女(ひと)


理想の女(ひと)
スカーレット・ヨハンソン (2006/04/07)
メディアファクトリー
この商品の詳細を見る


~あらすじ~
1930年、上流階級のリゾート地として知られるイタリア・アマルフィを訪れたメグ(スカーレット・ヨハンソン)と夫のロバート。
ある日、メグの誕生日プレゼントを探すロバートは、奔放に恋愛を楽しんできた女性アーリン(ヘレン・ハント)と出会い、密会を重ねるようになってしまう。
一方、社交界ではそんなふたりの仲を怪しむ噂が囁かれた。
夫を一途に信じるメグの心も、いつしか疑心に揺らぎ始めて…。


上流階級のリゾート地で出会ったふたりの女性の秘密と嘘を、皮肉な愛の運命が暴いていく…。
英国の文豪オスカー・ワイルドの原作『ウィンダミア卿夫人の扇』を、19世紀末のロンドンから1930年代のイタリアに舞台を変更して映画化したエレガンスな文芸ドラマです。
ワイルドらしいウィットに満ちた台詞や、贅を尽くしたファッションや宝飾品が見所。
主演を務めたオスカー女優ヘレン・ハント(『恋愛小説家』)と、スカーレット・ヨハンソン(『真珠の耳飾りの少女』)の競演も華やかです。
63GyaOより転載


オスカー・ワイルドは中学生の頃、一生懸命読んだなぁ…(遠い目)。
当時はなんだか難しくていまいちピンとこなかったんだけど。


とても華やかで上質な作品でした。
原作を損ねることもなく「映画」ならではの視覚と聴覚を楽しませてくれました。
もちろん、原作を知らなくてもじゅうぶんに理解できますし、小難しいこともないです。
強いて言えば扇の使い方をもう少し丁寧に描いてもらいたかったですが。
スカーレット・ヨハンソン目当てで観始めたんですが、ヘレン・ハントにうっとり415
スカーレットも純真無垢な若奥様を好演していますが、ヘレンの貫禄には敵いませんね330
「いい女は2種類しかいない。全てを知り尽くした女と何も知らない女。」
深くてすてきな言葉が出てきます。


上流階級の有閑マダム達のゴシップ好きには辟易しちゃいました。
だからこそメグとアーリンが余計に引き立っているんですけどね。
ネタバレになるので詳しく書けませんが、こんなに清々しいラストを迎えるとは思いませんでした。
ホロッと泣けますよ。
自分の「理想」の輪郭がちょっとだけはっきりするような映画でした。

スポンサーサイト

2007年03月07日 | 映画・テレビ | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿








管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://rhye.blog56.fc2.com/tb.php/399-97729605

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。