スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

リング2

リング2


リング2
中谷美紀 (2000/08/11)
角川エンタテインメント
この商品の詳細を見る


~あらすじ~
貞子の死体が解剖された。
その結果、貞子は30年近く井戸のなかで生きていたことが発覚する…。
一方、恋人であり恩師であり理解者だった高山竜司(真田広之)の死の謎を探る大学助手の高野舞(中谷美紀)。
彼女は、高山の元妻で事件の鍵を握る浅川玲子(松嶋菜々子)と息子・陽一(大高力也)の行方を探すが、母子とも行方不明になっていた。
舞は玲子の後輩のテレビ局員・岡崎(柳ユーレイ)に接触、ともに玲子を探すが…。


『リング』で真田広之の恋人を演じ、続編の『らせん』では前作の結末を受け継ぐ形で主演を務めた中谷美紀。
同じく『リング』続編で、『らせん』の別バージョンとも言える位置付けの本作では、ヒヤリとするような妖しさで魅せた『らせん』とは異なり、亡き恋人の子どもを貞子の怨念から守ろうとする健気な女性を熱演。
また、よりホラー色の濃くなった本作で、強烈に“恐怖”を体現する深田恭子の演技にも注目です!
63GyaOより転載


先日、「リング」「らせん」と観たので今日は「リング2」を。
うーん…これって作る順番間違ったんじゃないでしょうかね?
「リング」→「リング2」ならストーリー的にも無難に馴染めるんですが「リング」→「らせん」→「リング2」と来たら、矛盾点が目立ちすぎます。
無理やり関連付けようとした点に興醒め。
「リング」の日本的な心理的恐怖と哀しさ、「らせん」の恐怖を科学的に解明するするという試み、両方を足して薄くしたものが「リング2」です。
同じ役者を起用しているので混乱もしました。
あえて2作品と違う点は効果音と「わっ!!」という感じの驚かせ方が多かったという点。
オバケ屋敷のノリ。
じわじわとこみ上げてくるような怖さとは別物です。
深田恭子の死に顔は凄かったですけどね330
貞子の扱われ方もイマイチでしたし。
とにかく、物足りない作品でした。

スポンサーサイト

2007年03月03日 | 映画・テレビ | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿








管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://rhye.blog56.fc2.com/tb.php/395-5433f1ef

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。