スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

世界でいちばん不運で幸せな私

世界でいちばん不運で幸せな私


世界でいちばん不運で幸せな私
ギョーム・カネ (2005/02/04)
ビデオメーカー
この商品の詳細を見る


~あらすじ~
小学生の頃に出会ったジュリアンとソフィー。
ふたりはメリーゴーランドの描かれた缶を賭けて、相手になんでも自分の好きな事を命令できるゲームで遊んだ。
そんなたわいもないゲームで数々のイタズラを繰り返しながら子供から大人へと成長したふたり。
いつしかふたりは、お互いのことが好きなのに本心を素直に告げられない仲になってしまっていた。
そしてある日、ひょんなことからケンカをしてしまい、ふたりは離ればなれになり…。


お互いに好きなのに素直に気持ちが伝えられない―。
そんな幼馴染みの男女を主人公にした珠玉のラブストーリー。
繰り返される男女の駆け引きがファンタジックに描かれるロマンティックな作品です。
イラストレーターや絵本作家として活躍してきたヤン・サミュエル監督初の長編作品となる今作は、フランスで140万人を動員し大ヒットを記録。
主演は、マリオン・コティヤール(『TAXI』シリーズ)とギョーム・カネ(『ヴィドック』)が務めました。
63GyaOより転載
63オフィシャルサイト


「アメリ」とよく比較されている映画です。
「アメリ」より過激で刺激的。
映像やカメラワークがポップでカラフルなのでかわいらしい印象なんですが、ストーリーはシュールでブラック・ジョーク満載。
ユーモアと捉えれればそれなりに評価に値する作品なんですが、結構、不快に感じる方が多いようです。
ラストシーンの曖昧さも、好き嫌いの別れるところでしょうね。
日本人の倫理観のままで観たら「いくらなんでも…」というような場面が多々あるので。
気持ちをフラットにして観ると「映画」らしくて良かったです。


そうとうひねくれた男女が主人公なんですが。
斜に構えているというか、好きな相手に対して真っ直ぐ向き合えないというか。
やりすぎ、ありえない、と思う場面が多いにせよ、キュンとするせつなさは伝わってきます。
ハリウッド的なラブストーリーがお好きな方にはオススメできませんが。
女性が一人で観るのがベストだと。
それと子供時代の子役2人がめちゃくちゃ巧いです!

スポンサーサイト

2007年03月02日 | 映画・テレビ | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿








管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://rhye.blog56.fc2.com/tb.php/393-bb6d6387

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。