スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

赤い月

赤い月


赤い月
常盤貴子 (2004/09/25)
東宝
この商品の詳細を見る


~あらすじ~
自由奔放な性格の波子(常盤貴子)は夫の勇太郎(香川照之)とともに満州に渡り、酒造会社を経営して栄華を極めていた。
しかし1945年8月、ソ連軍の満州侵攻に伴い、波子はふたりの子どもを抱えて夫の出張先ハルピンへと逃れ、そこで日本の敗戦を知る。
やがて勇太郎は波子の元を去り、彼女はかつて想いを寄せていた元関東軍情報将校・氷室(伊勢谷友介)と再会。
しかし彼は阿片で全身を蝕まれていた…。

なかにし礼が自分の母をモデルに記した同名小説を『鉄道員(ぽっぽや)』『ホタル』の降旗康男監督のメガホンで映画化。
時代に先駆けて自立を目指したヒロインを常盤貴子が存在感たっぷりに熱演しているが、彼女に合わせて原作よりも年齢設定を下げたことなどもあってか、そのキャラクターそのものに対しては、意見が賛否分かれるものがあるだろう。
『八甲田山』などの名手・木村大作キャメラマンによる凝った映像美が光る。
63Amazon.co.jpより転載


テレビで放映しているのを観たのですが…。
正直がっかりしましたね。
常盤貴子は赤が似合うな、というだけの印象でした。
見た目的には、欲しいものはすべて手に入れる貪欲さ、男を翻弄する美貌、母であり女であるしたたかさは感じられたんですが。
台詞と台詞回しに違和感を感じました。
ぞんざいな口の利き方も現代風ですし、いきなり「です、ます」調になるのも変だし。
香川照之がもったいない感じもしました。
布袋の滑舌の悪さ、山本太郎の意味のなさ。
大杉蓮にいたってはなんで中国人の役でカタコトの日本語(そのくせ語彙は豊富)!?
それぞれ個性的な方たちばかりなのに、すべてあだになっています。
伊勢谷友介も画的には非常に良かったです。
昔の美男子というようなルックスに姿勢がシャンとしたところが。


場面の展開は速いのに、激動の時間の流れも感じませんでした。
尺の問題もあるとは思いますが…。
最初から最後まで登場人物の心情があらわになることがなかったのは映画として致命的でしたね。


何のために生きたいのか?が漠然としすぎていました。
母が女である自由は認めます。
こんなお母さんは嫌ですけど。
一言で言えば結婚に向いていない女性だったんでしょうね。


もっと情熱的な作品だと思っていましたが全然感じませんでしたね。
パッション269が。

スポンサーサイト

2007年01月27日 | 映画・テレビ | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿








管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://rhye.blog56.fc2.com/tb.php/356-4925ed0d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。