スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

完全なる飼育 香港情夜

完全なる飼育 香港情夜 完全版


完全なる飼育 香港情夜 完全版
伊藤かな (2003/04/19)
ハピネット・ピクチャーズ
この商品の詳細を見る


~あらすじ~
修学旅行で香港を訪れた高校生の愛(伊藤かな)。
酒に溺れた母を持つ愛は、どこかふさぎがちで学校でもひとりぼっちだった。
夜にひとりで香港の繁華街に出掛けた愛は、歩き疲れてタクシーを拾う。
だがそのタクシー運転手に愛は、郊外の一軒家に無理矢理連れ込まれてしまった。
男は広東語で怒鳴り散らし服を脱げと命令する。
力ずくで全てをはぎ取った男は、愛を洗って寝室に連れて行くと、彼女に抱きついて寝てしまう。
こうして愛と身知らずの男ボウとの生活が始まり…。


シリーズ3作目となる今作は、舞台を香港に移し監禁する男性役には香港人俳優トニー・ホーを迎えて制作されました。
言葉の通じない状況下で、ちょっとした仕草や行動で男女の間に愛が芽生える様子が丁寧に描かれていきます。
主人公を演じたのは、双子の美少女姉妹「なつ・かな」としてデビューし人気を得た伊藤かな。
竹下直人が教師役で、2作目のヒロイン深海理絵も意外な役所で出演しています。
63GyaOより転載


完全なる飼育」「完全なる飼育 愛の40日間」でこのシリーズには見切りをつけていたんですが…シリーズ物には弱いのでついつい観ちゃいました263
基本的なストーリーは同じなんですが今回は監禁する側もされる側も背景が丁寧に描かれています。
前2作は突飛な行動とエロ度が高く、かなり疑問を感じる点が多かったのですが今回はそういうストレスがなく映画らしくなっています。
そのため性的描写も比較的少なく、心情の変化に重点をおいています。


舞台が香港になっているため、某国の拉致問題を連想させ不快になる方もいるかもしれませんが…。
言葉が通じないため少女の孤立感が際立っています。
少女の家庭や学校での立場からストックホルム症候群と呼べる心理描写は観ている側にも伝わりました。
監禁する男が前2作に比べ間違った手段であるにしろ、犯行に及んだまでの背景もあり感情移入しやすかったです。
トニー・ホーという香港人俳優らしいのですが、「変質者」というような気持ち悪さがなかったし(ちょっとかわいらしく見える瞬間すらある)、朴訥なルックスと人柄が役に合っていました。
ラストが少女の意思で行動するので、この点でも前2作より映画的で良かったです。

スポンサーサイト

2007年01月24日 | 映画・テレビ | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿








管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://rhye.blog56.fc2.com/tb.php/352-b2f5f5b9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。