スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

完全なる飼育 愛の40日

完全なる飼育 愛の40日 スペシャル・エディション


完全なる飼育 愛の40日 スペシャル・エディション
深海理絵 (2001/11/25)
ハピネット・ピクチャーズ
この商品の詳細を見る


~あらすじ~
心理カウンセラーの赤井(竹中直人)は、心理的トラブルを抱えている津村晴香(深海理絵)に出会う。
赤井が催眠療法を試みると、彼女の身に起こった40日間の監禁生活が明らかになっていった―。
晴香が高校2年生の時、彼女は突然ナイフで脅され住川という男に連れ去られてしまう。
服を脱がされ、手錠をはめられ、住川に写真を撮られる日々。
だが次第に、晴香は住川に自分と似た孤独があることを感じ…。


衝撃のシリーズ2作目。
実際の事件を取材し、執筆された松田美智子の小説『女子高校生誘拐飼育事件』を映画化。
孤独な女子高校生が支配的な男に次第に心を開いていく官能ドラマで、竹中直人主演の1作目を凌ぐハードな濡れ場に挑戦したのは、オーディションで選ばれた18歳の新人・深海理絵。
『時効警察』などで俳優としても活躍する緋田康人が、監禁する男を怪演しました。
今回は原作者の松田美智子が脚本を監修、竹中直人は特別出演として参加してます。
63GyaOより転載


完全なる飼育」よりは心理描写はしっかりしていました。
誘拐されたものの同情から憐憫→愛情へと気持ちの変化は前作よりきちんと描かれています。
ただ心理的な恐怖(自分がこれからどうされるんだろうという女性側の心理)はやはり薄いです。
小島聖に続きこちらの深海理恵も大胆な演技頑張ってます。
が、台詞を棒読み。
無気力感を出しているのかもしれませんが…感情がありません。
最初から最後までそうなのでちょっとゲンナリしました。
上記の画像のように変態・エロ度の方が高い映画ですね。
それなら完全なフィクションとして制作したほうがいいのに。
「実際の事件」とすれば被害者の女性はどう思っているんだろう?
この作品、何度も何度もリメイクされて今ではシリーズ化しているようですが…。
もういいいです、っていう感想です。

スポンサーサイト

2006年12月23日 | 映画・テレビ | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿








管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://rhye.blog56.fc2.com/tb.php/317-c225928f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。