スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

チャイルド・プレイ

チャイルド・プレイ


チャイルド・プレイ
キャサリン・ヒックス (2006/10/27)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
この商品の詳細を見る


~あらすじ~
ある夜、刑事マイクは連続殺人鬼チャールズ・リー・レイ(ブラッド・ダリフ)を追跡していた。
チャールズはマイクの銃弾に倒れ、最後の力を振り絞ってそばにあった人形にある儀式を行い息絶えてしまう。
数日後、6歳の誕生日を迎えたアンディは母親から“僕チャッキー”と話すグッド・ガイ人形をプレゼントしてもらった。
しかし、それからアンディの子守をした女性が死に、奇怪な事件が起き始めていく。
実はチャッキーこそ殺人鬼の魂が宿った極悪人形で…。


殺人鬼の魂が宿った人形・チャッキーが殺戮を繰り返す恐怖を描いた傑作ホラー。
現在まで5作も制作されたシリーズの原点となる本作は、ブラックなジョークを連発し、不敵な笑みを浮かべながら殺人を繰り返すチャッキーがウケて大ヒット。
小さくても凶暴なその姿は衝撃的!
オカルトタッチな演出があるものの、動くはずがない人形が実は意志を持つ殺人鬼だったという心理的な恐怖が見事に描かれています。
63GyaOより転載


以前からパロディーなんかで知っていたけど今回、初めて映画をちゃんと観ました。
幼少期に観ていたら人形嫌いのトラウマになりそうな内容でした。
が、面白かったです!
ホラーが苦手な私ですら、怖がらずに楽しめました。
(それでも夜観るのは躊躇われて真昼間に観ましたが。)


もともとのチャッキー自体がかわいらしくないんですが、極悪人形になってからがさらにおっさんくさくなってまったくかわいらしくなくなるのが面白かったです。
それと、しつこさ。
まだ死なないのかよ!?みたいな。
子役のアンディ(アレックス・ヴィンセント)がとてもかわいらしかったです。
ラストでドアの隙間から何か言いたげにこちらを見つめる表情が印象的でした。
チャイルド・プレイ2にも出演しているようですが、ちょっと検索してみても他の作品が見当たりません。
チャールズ・リー・レイ(ブラッド・ダリフ)はチャイルド・プレイのシリーズやロード・オブ・ザ・リングで蛇の舌グリマ役なんかでも観ることが出来ます。


チャッキーを見るたびに楳図かずお氏の赤ん坊少女・タマミとかぶってしまいます263

スポンサーサイト

2006年12月21日 | 映画・テレビ | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿








管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://rhye.blog56.fc2.com/tb.php/315-55ba05aa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。