スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

彼女は最高

彼女は最高


彼女は最高
エドワード・バーンズ (2005/02/18)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
この商品の詳細を見る


~あらすじ~
数年前に婚約者ヘザー(キャメロン・ディアス)に裏切られたタクシー運転手ミッキー(エドワード・バーンズ)。
彼はお客として乗せた女性・ホープと気が合い突如結婚してしまう。
一方弟フランシスはビジネスマンとしては成功していたが、妻レネ(ジェニファー・アニストン)とはセックスレスな関係が続いていたのだった。
だが、実はフランシスは不倫中で、相手はなんとヘザーだったのだ。
偶然そのことをミッキーに知られて…。


対照的な兄弟の恋愛模様を描くラブストーリー。
結婚、不倫、セックスレスとちょっと過激な現代の恋愛観を捉えた作品です。
主演・監督をエドワード・バーンズ(『コンフィデンス』)が務めました。
キャメロン・ディアスが男性を手玉に取るクールな女性役を、ジェニファー・アニストンが夫とセックスレスな妻の役を好演。キュートなイメージの女優ふたりが、シリアスな役を演じたのも見所です。
63GyaOより転載


1996年の作品ということで、当たり前だけどキャストが若い!
ジェニファー・アニストンはそんなに変わらないけどキャメロン・ディアスがぽっちゃりしています。
あらすじだけ読むと、派手で仰々しい印象を受けますがけっこう淡々としています。
お色気度もドタバタ度も極めて低い。
シリアスにもなりすぎているわけでもなく…。
丁寧に制作されたのは伝わりますが「だから?」と問われても可も無く不可も無くといった感想。
いたって日常的な出来事で「映画」としての「非日常」を求めて観るには退屈かも。
でも登場人物の心情もさらりと細やかに表現されていて感じは良かったですよ。
テンポ良く気楽に観れましたが、余韻の全然残らない映画でした。

スポンサーサイト

2006年11月19日 | 映画・テレビ | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿








管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://rhye.blog56.fc2.com/tb.php/284-c9b43b9f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。