スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

フロッグ・プリンス

フロッグ・プリンス


フロッグ・プリンス
マーティン・ショート (2004/02/26)
ハピネット・ピクチャーズ
この商品の詳細を見る


~あらすじ~
中世のイギリス。
アンウィン王国のジョン王子は、従者であり魔術師でもあるロドニーとともに、醜いカエルの姿に変えられていた。
父親である国王を侮辱した罪でカエルに変えられてしまった2人は、もとの姿に戻る条件を満たせないまま、もう500年もカエルとして生きていた。
2人がもとの姿に戻る方法はただひとつ、真実の愛を誓い合い、結婚を決めた女性からキスをされることだった。
そんな2人が、ある日、ひょんなことからニューヨークへと連れ去られてしまう。
大都会ニューヨークで、2人に再び人間に戻るためのチャンスが訪れるのだが…。



グリム童話「カエルの王子さま」を現代風にアレンジした、ファンタジックでロマンチックなラブコメディ。
製作は「アルゴノーツ」や「ユニコーン」などを手掛けてきたホールマークエンターテインメント社。
映像特典として、予告編が収録されている。
63GyaOより転載


とってもチャーミングな映画でした。
軽いストーリーのわりには安っぽい感じもさせていません。
正真正銘「ファンタジックでロマンチックなラブコメディ」です。
個人的にはカエルは苦手なんですが330
そんなに気持ちも悪くなかったです。
(しいて言えばクレイジー・フロッグと同レベル)
そんな超有名な俳優さん達が出演しているわけではないですが…役柄の個性に合わせていて、みんな嫌味なくかわいらしいです。
心に強く残る作品とは違いますが、鑑賞後の後味は良かったです。

スポンサーサイト

2006年10月11日 | 映画・テレビ | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿








管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://rhye.blog56.fc2.com/tb.php/241-c5d4954e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。