スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

電車男

電車男 スタンダード・エディション


電車男 スタンダード・エディション
山田孝之 (2005/12/09)
東宝
この商品の詳細を見る


~内容~
女性に全く縁がなかったおたく男=電車男(山田孝之)は、電車の中で酔っ払いに絡まれた女性(中谷美紀)を助け、それがキッカケで彼女に恋を。
それをインターネットの掲示板サイトに書き込んだところ、そのネットユーザー達から熱い応援を受けることに。
はたして電車男は恋を成就できるのか!?
原作はおたく世代のリアルなラブストーリーとして楽しめたが、映画は少しそのリアルさに欠ける部分がある。
例えば山田孝之のダサいおたく男の容貌は、旧世代おたくすぎてまるでマンガのようだし、服を脱ぎ捨てて走るなど、大げさすぎる演出も時には興ざめになる。
でもそれを上回る感動があるのだ。
絵文字の使い方もユニークだし、電車男を支えるネットユーザー達のエピソードも共感してしまうようなものばかり。
観て損のないハートフルな作品だ。
63Amazon.co.jp


テレビで放映された映画版「電車男」を観た。
コメディ、ファンタジーとしては気楽に観れる面白さだったけど「映画」としてはどうかと。
タダ(テレビ)だから観たけど、お金を払って映画館で観たい、とは思わなかった。
単純に大画面で観る意味がないってことで。


中谷美紀嬢の植物的なストイックさが好きなのだけれど、それを前面に押し出しているわけでもなく(主役ではないのだから)、原作の「エルメス=中谷美紀似」をそのまま実現させただけでちょっと残念。
電車男と並ぶと、なんだか年齢差が気になってさらに不憫な気が330
テレビ版の某伊藤嬢はなんだか肉感的でエロさが感じられてそれが不快だったが、中谷嬢は嫌らしさがなく良かった。
電車男役の山田孝之。
何のオタクなのか曖昧でただの暗くて地味で挙動不審の小心者にしか見れなかった。
それはそれで不自然だけど、自然に見えておもしろかったんだけど。
尺の便宜上、テレビ版ほど重要な脇役(ネット住人たち)の活躍も控えめでなんだか薄っぺらな印象しか残らなかったなぁ。


でも一連の「電車男ブーム」のようなおかげでオタクが市民権を得た功績は大きいと思う。
「オタク=マニアックな人・その道を究めた人」と私は認識していてある意味、尊敬している。
しかし、実際のオタクと呼ばれる人々の多くは失笑の対象であったり良くないイメージの方が強い。
なぜなら気持ち悪いからだ。
興味の対象を熱心に追求するあまり、自分の身なり、行動などに無頓着になりすぎているからだ。
電車男もきっとそうだったんだろう。
でも恋をして「気持ち悪くない、怪しくないオタク」へと進化していった。
従来のオタクと呼ばれる人たちは見習ってもらいたい。
そして堂々とオタクを名乗ってもらいたい。


なんてことを考えながら、寝転んでめちゃくちゃリラックスした状態で観た映画だった。

スポンサーサイト

2006年09月16日 | 映画・テレビ | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿








管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://rhye.blog56.fc2.com/tb.php/213-4d9e9863

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。