スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

パイレーツ・オブ・カリビアン~呪われた海賊たち~

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション


パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション
ジョニー・デップ (2005/12/21)
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
この商品の詳細を見る


~あらすじ~
カリブ海の港町ポート・ロイヤル。
ある日、町はバルポッサ(ジェフリー・ラッシュ)率いる冷酷な海賊たちに襲われる。
狙いは美しい総督の娘エリザベス(キーラ・ナイトレイ)の持つ黄金のメダル。
海賊たちはメダルごと彼女をさらい、ブラックパール号で逃走する。
エリザベスに思いを寄せるウィル(オーランド・ブルーム)は、彼女を救うため一匹狼の海賊ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)と手を組み救出に向かう。
一方、さらわれたエリザベスが月夜の船上で見たものは、呪われた海賊たちの恐ろしい姿だった。
そして、その呪いを解く鍵はエリザベスの黄金のメダルが握っていた…。


ハリウッド屈指のメガヒット・プロデューサー、ジェリー・ブラッカイマーが豪華キャストで贈る究極のエンターテイメント。
世界中で大ヒットを記録し、「アルマゲドン」も「パール・ハーバー」を超えた、映画史上に残るアクション・アドベンチャー超大作。


…とのこと。
今日は、今更ながらの「パイレーツ・オブ・カリビアン」。
それも~呪われた海賊たち~の方です。
少々、毒づいてますので気になる方だけ読んでください。

海賊大好き!アドベンチャー映画は大好き!!ジョニー・デップ?なら、間違いない!!!な私が期待しすぎてがっかりした作品の一つがこの映画です。
今回、久しぶりにDVDで見直しました。
映画館の迫力が欠けたぶん、さらにがっかりしてしまいました。


ジャック・スパロウの奇妙な魅力、バルポッサの悪者っぷりは好きです。
高揚感を煽る音楽も素晴しかった!
…だけど、それだけでしたね。
お金、かけています!!
細部にこだわっています!!
大いに結構なことです。
この際、疑問の残る理屈っぽいことも抜きにしましょう。
そうやって大甘に見ても…ダメだー!!!


とにかく長く感じました。
ドキドキ・ハラハラ?ワクワク感が薄いんです。
緊張感が持続しないんですね。
あれも、これもと欲張りすぎたあげく間延びして感じられるのは編集が悪いんでしょうか?
大人から子供まで万人に受け入れられる仕様にしたらコレが限界なのでしょうか?
それともディズニーのカラーのなせるわざなのか…。
とにかく面白い要素、満載なのにめちゃめちゃもったいなく感じました。
ベタすぎますが、個人的にはここは一つスピルバーグでお願いしたいところでした


宝の山の洞窟が初めて画面に登場するシーンも「グーニーズ」と比較してしまい、ジャック・スパロウとウィルが剣を交えるシーンも「マスク・オブ・ゾロ」と比較してしまい…。
本来、比較するようなことじゃないんですけどあまりにも二番煎じに見えてしまい263
つまり個人的には、前例を超えてないと感じたのです。
ラストも一応はメデタシメデタシなんですけど爽快感は少ないです。
三部作ということを念頭において観なければいけなかったのでしょうか?


期待以下だったのをのぞけば娯楽大作に間違いはありません。
余談ですがあの、小さい海賊ってミニミーですよね!?
そんな些細なことが気になってたまりません。
がっかりついでもう一つ。
109109をどうぞ。

スポンサーサイト

2006年09月15日 | 映画・テレビ | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿








管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://rhye.blog56.fc2.com/tb.php/211-0dea91ef

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。