スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

ビッグ・リボウスキ

ビッグ・リボウスキ【廉価版2500円】


ビッグ・リボウスキ【廉価版2500円】
ジェフ・ブリッジス (2006/01/27)
角川エンタテインメント
この商品の詳細を見る


~あらすじ~
“デュード”と呼ばれる無職の中年男ジェフ・リボウスキ(ジェフ・ブリッジス)は、ある日見知らぬ男たちから同姓同名の大富豪リボウスキと間違えられて暴行を受けてしまい、その賠償金を要求すべく富豪宅へと赴いた。
しかし、時あたかもリボウスキ夫人が何者かに誘拐されており、デュードはその身代金受け渡しの役を引き受ける羽目になってしまう…。 
イーサン&ジョエル・コーエン兄弟が仕掛けた、ユニークなヒューマンドラマ。
あたかも1970年代そのもののテイストを引きずったヒッピーの主人公をはじめ、ひとくせもふたくせもあるキャラクターが次々と登場しては、その場を沸かしてくれる。
幻想と現実を織りまぜながらの演出テクニックもまたユニークで、人生の悲喜劇をじんわりと描出させてくれている。
63Amazon.co.jpより転載


おっさんばかりが出てくる映画。
コーエン兄弟の「笑い」は観る人を選びますね。
「人生は最高におもしろい」この映画のコピーです。
この映画で笑える人は絶対楽しい人生を過ごしているはず。
良い意味で肩の力の抜けたグダグタでダラダラな映画。
気楽に飲みながらヘラヘラ笑うにはぴったりの映画です。
無職で中年でボウリングばっかりやっているおっさん達。
地位も名声も富みもないおっさんたちでも生きていけるんだ、それもいきいきと楽しそうに。
それなりに欲もあるし、夢や焦りも垣間見えるんですが基本的に必要以上に頑張っていない人達ばかりです。
自分は自分、他人は他人っていう生き方の本質みたいなものを感じさせます。
向上心も興味も十人十色ですからね。
人間ってかわいらしいなぁって思いました。

スポンサーサイト

2006年08月29日 | 映画・テレビ | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿








管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://rhye.blog56.fc2.com/tb.php/192-fc882561

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。