スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

妖怪大戦争

妖怪大戦争 DTSコレクターズ・エディション (初回限定生産)


妖怪大戦争 DTSコレクターズ・エディション (初回限定生産)
神木隆之介 (2006/02/03)
角川エンタテインメント
この商品の詳細を見る


~あらすじ~
10歳の少年タダシは、神社のお祭りで世界に平和をもたらすといわれる伝説的存在=“麒麟送子”に選ばれ、日本妖怪たちと力を合わせ、世界を滅亡させようとする魔人・加藤保憲の悪霊軍団に立ち向かっていく子供時代にしかできないひと夏の冒険 ―ワクワクドキドキ、アクションあり、笑いあり、そして涙あり感動あり、まさしく痛快無比の大冒険ファンタジー!
主演に今をときめく天才少年・神木隆之介を迎え、宮迫博之、菅原文太、豊川悦司、栗山千明、岡村隆史(ナインティンナイン)、阿部サダヲら豪華競演陣による2005年、夏の大ヒット作!
63Amazon.co.jpより転載


昨夜、テレビで放映していた「妖怪大戦争」を観た。
この時期妖怪だとか怪談だとくるとしみじみと日本の夏を実感。
2005年、公開当時もいろんな意味で話題の映画だっただけにいつか観たいと思っていた1本。
結論から言うと、おもしろかったです440
以下、ネタバレ含む感想です。

まず、水木しげる、荒俣宏、京極夏彦、宮部みゆきの妖怪関係のエキスパート4作家が制作に携わっている。
それだけですでに期待してしまう。
主人公の神木君。
ダコタ・ファニング(宇宙戦争)を上回る叫びっぷり。
ヒステリックに叫びまくっているわけじゃなくてびっくりとか驚いたっていう叫び方で笑いを誘う。
最近もテレビで彼を見かけるが、なんだかちょっと声も低くなり子供の成長の早さにびっくりしたが、この映画ではまだまだ幼くかわいらしい。
悪役・加藤保憲は「帝都物語」に登場したキャラクターだが、今回は豊川悦司が演じている。
加藤=島田久作のイメージが強いが、個人的にトヨエツ大好きなんで…。
特に額が。
マニアックを承知で言わせてもらえばオールバックの似合う額が好き。
トヨエツにはドラキュラとか伯爵系(意味不明)をぜひ演じてもらいたいものだ。
とにかく出演者が豪華。
ほんのチョイ役だったり、特殊メイクで誰が誰だかわからないような役にまで有名人を起用している。
だけど、作り手も役者も楽しんでいることが伝わってくるんだなー、これが。
スネコスリにあえてぬいぐるみでチャチな動きにしたのも良かった。
あれ、実写でやったら動物じゃないけど動物愛護団体からクレームがつくよ。
ちょうどいいくらいの痛々しさで安心した。
もう妖怪たちが水木ワールド全開で楽しすぎた!!
鬼太郎に出てくる妖怪のオンパレード。
知ってる妖怪が出てくるたびに嬉しくなってしまった。
猩猩(近藤正臣)、川太郎(阿部サダヲ)、一本だたら(田口浩正)、砂かけばばあ(根岸季衣)、雪女(吉井怜)、豆腐小僧(蛍原徹)、大首(石橋蓮司)、ぬらりひょん(忌野清志郎)、油すまし(竹中直人)、小豆洗い(岡村隆史)、鳥刺し妖女・アギ(栗山千明)…主要な妖怪だけでもこんな感じ。
やたらとドライな感覚の妖怪に笑いっぱなしだった。
水木、荒又、京極、宮部氏もなにげに登場。


いろんな方の感想を読んだら驚くほど酷評されていた。
「子供だまし」でチャチな映像ということらしいが…個人的にはそれが何か?な気分。
タイトルが悪かったのかもねぇ…「大戦争」はちょっと違う。
あと基礎知識として少しは妖怪のことを知った上で観た方がいい。
そうじゃなかったら恐さもおもしろさも半減する。
あとラストに納得できないという意見が多数。
んー…あれはあれなりの意味があると思うけど。
あやふや感は否めない。
この映画を好きな役者が出ているからと言う理由だけで観た方には物足りなさを感じるのは当然。
だって妖怪映画ですから。
おまけにかなりカットされてるようだし…。
テレビってコレがイヤですね。


恐い映画じゃなく、愉快な映画だった。

スポンサーサイト

2006年08月12日 | 映画・テレビ | トラックバック:0 | コメント:2

コメント

こんにちわ!妖怪大戦争、もろに好みの映画でした!
トヨエツ良いですよねv笑 私も好きです~!!
あの役、めちゃかっこよかったです!!(興奮w

>特殊メイクで誰が誰だかわからないような役にまで

清志朗さんも出てたし、豪華なキャスト!恥かしい事に、私は河童の役がサダヲさんだったって、これを見た後に解りました。爆

ラスト、ほんとに賛否両論ですよね。水木さんが出た時点で「良いネエ~!」だったんですが、(単純;
あの妖怪がうじゃあ~と居る感じ!!あれはすんごく面白かったです。楽しめる映画ですよね。

2006年08月13日 | URL | 透明少女 | 編集

>透明少女さん
こんにちは!
透明少女さんもこの映画、好みじゃないかなぁとは思っていました。笑
サダヲちゃん、河童になりきってますもんねぇe-330
テレビでのラストはものすごいはしょり方で…。
妖怪が大集合する様は圧巻ですよね。
日本って、その土地、その土地に妖怪伝説や民話があっておもしろい国だなぁと思います。
思わず「うちの県の妖怪は出てるかな」とか変なこと考えながら観たりもしてしまいました。

2006年08月14日 | URL | ごいす | 編集


コメントの投稿








管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://rhye.blog56.fc2.com/tb.php/173-38e79328

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。