スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

クレイジー・モンキー 笑拳

クレイジー・モンキー 笑拳


クレイジー・モンキー 笑拳
ジャッキー・チェン (2006/02/24)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
この商品の詳細を見る


1978年、ジャッキー・チェンが初監督、主演をした作品。
このモンキーシリーズ、説明は不要でしょう454
勧善懲悪、痛快アクション(カンフー)・コメディ。


毎晩のように晩酌をしながらGyaOのお世話になっている。
今日は「なーんも考えなくていい映画」ということでクレイジー・モンキーをチョイス。
ストーリーなんて、おじいちゃんの敵討ち。
単純明快だ。
それに吉本並みのコテコテのお約束ギャグ。


私が小学生の頃は、やたらとジャッキー・チェンの映画をテレビで放映していた。
もしかしたら初めて意識した外国の映画もジャッキーのものだったかもしれない。
当時は映画を無理やりテレビのサイズにしていたのか、登場する物が全部、縦長だったような記憶がある。
弟なんか見終わった後は必ず感化されジャッキーになりきってた263


なんにせよ、懐かしさいっぱいで鑑賞。
普段はアクション系の映画はあまり好みではない。
が、ジャッキー系(なんだソレ)は別。
明るく健全で安心して楽しめる。
しかし…うーん…字幕が縦で見難い。
ジャッキー物は日本語吹き替えの方がしっくりくる。
画質も粗いなぁ。
少々の難はあったものの、いつの間にか画面に釘付け。
筋肉隆々の体にすげーを連発271
隙のない組み手のような演武はまさに演舞(意味不明?)。
人間技じゃないよ。
努力と才能を余すことなく発揮できる彼は、やはりスターだ69
爽快な気分で観終わった。

スポンサーサイト

2006年07月02日 | 映画・テレビ | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿








管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://rhye.blog56.fc2.com/tb.php/131-a7874b0b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。