スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

青空人生相談所

青空人生相談所


橋本治の「青空人生相談所」を読んだ。
80年代特有の文体が苦手で彼の著書も初期の小説などはあまり好みではない。
しかし、だ。
この「青空人生相談所」。
コレは凄い。
その名のとうり橋本氏が10代~50代のいろんな悩みを抱えた人々の人生相談にのっている。
(1985年~なので時代を感じる箇所もある。)


もともと「悩み」なんてものは自分で解決するしかないと私は思っている。
小さな不満や不幸が回避できない、あるいはそれらが積もり積もったものが「悩み」なのだとしたらその根源さえわかれば解決できるはずだ。
でも「悩み」の渦中にいる人々は何に悩んでいるのかすらわからないことに悩んでいる。
そして、そこからなかなか抜け出せないことにさらに悩む。
読んでいて呆れるような相談もあるが、怪しい霊感商法や新興宗教に入れ込まず,橋本氏に救いを求めたことだけは賢い選択だったように思えた。


心理学などの知識のない私には、橋本氏の言葉の一つ一つにすっかり感心してしまった。
橋本氏は人間の本能や深層心理から解決への糸口を導いている。
優しいだけの慰めは一切ない。
悩んでいる人々にとって決して心地良い言葉ではなく、むしろさらに傷つき、痛い思いをするであろう言葉が並んでいる。
相談者に対して「あなたは何々だから何々するしかない」と断言する。
この断言できるパワーに圧倒される。
何が正しくて何が間違いなのかは、それぞれの価値観により違ってくる。
だからこの本の全てが正しいとも間違いとも言い切れない。
しかし、弱気になっている相談者にはこの断言できる強さが不可欠なのは言うまでもない。


今よりもう少し楽に生きたい方は、生きていく上で目線を変えてみるきっかけになる本ではないかなと思う。

スポンサーサイト

2006年06月04日 | | トラックバック:0 | コメント:0

コメント


コメントの投稿








管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://rhye.blog56.fc2.com/tb.php/103-a7d59610

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。