スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

バットマン リターンズ

バットマン リターンズ

バットマン リターンズ
(2007/06/08)
マイケル・キートン
商品詳細を見る

~あらすじ~
街で噂されている怪人、ペンギンは実業家マックスを誘拐し、下水道暮らしから地上での生活をできるよう手引きをしてもらう。
一方マックスの秘書セリーナはマックスの悪事に気が付き殺されてしまう。
だが、彼女はキャットウーマンとして復活。
やがてバットマンの前に、ペンギンとキャットウーマンが立ちはだかり…。

DCコミックのヒーロー“バットマン”をティム・バートン監督が映画化した2作目。
今回は、あまりの醜さに両親に捨てられてしまったペンギンと、セクシーなキャットウーマンがバットマンの前に立ちはだかります。
前作から変わらずマイケル・キートンがバットマンを演じ、ダニー・デビート(『ツインズ』)、ミシェル・ファイファー(『スターダスト』)らと共演しています。
63GyaOより転載

昨日観た「バットマン」に続き今日は「バットマン リターンズ」。
前作より断然ティム・バートン色が強いですね。
「シザーハンズ」の二年後に制作と知り妙に納得。
えぐい大人のおとぎ話。
オープニングは「くるみわり人形」を感じさせます。

前作は終始ジョーカーに釘付けになってしまいましたが、今作は濃いーのばかり330
でも今回もみんな「人間」ばかりなんですよ。
「フリークス達のエレジー」といった形容がぴったりくるんじゃないかな。
単純なヒーロー物じゃないと今更ながら認識しました。
深読みすればするほどせつなくなるストーリーです。

あいかわらず突拍子もない小道具の使い方には楽しませてもらいました。
キャットウーマン役のミシェル・ファイファーのアンバランスな美しさと、しなやかな動きは適役でしたね。
自身の衣装を手縫いには笑いましたが、滑稽なことを一生懸命になっているのはかわいそうにも思えます。
ジョーカーもそうでしたが、バットマン以外のキャラクターは生き生きとしているのが面白い。
バットマンの孤独感や悲しさも伝わるんですが、やっぱり薄い。
マックス役のクリストファー・ウォーケンって市村正親っぽいと思うのは私だけでしょうか?

狂気と正気、善と悪…相反するものはつねに紙一重なんですよね。
うーん、好きか嫌いかと訊かれれば間違いなく好きと答えるんですが。
手放しで傑作!というほどのものではなかったです。
江戸川乱歩や「
ファントム・オブ・パラダイス」「キャリー」が好みの方にはオススメできます。

スポンサーサイト

2008年06月30日 | 映画・テレビ | トラックバック:0 | コメント:0

バットマン

バットマン

バットマン
(2007/06/08)
マイケル・キートン
商品詳細を見る

~あらすじ~
ゴッサム・シティの悪者を退治するバットマン(マイケル・キートン)。
ある日バットマンは、化学工場で悪者ジャックと格闘し、ジャックは廃液の毒の中に落ちてしまう。
その後遺症でジャックは不気味なジョーカーへと変貌。
ジョーカーは自分を罠にはめたマフィアを殺害し、街を恐怖に陥れようとするが…。

宿敵ジョーカーと対決!
DCコミックのヒーローをティム・バートン監督が映画化した作品。
ダークな雰囲気で描かれたゴッサム・シティが見どころで、アカデミー賞では美術(監督)賞も受賞しています。
マイケル・キートン(『絶体×絶命』)がバットマン、宿敵ジョーカーをジャック・ニコルソン、ヒロインをキム・ベイシンガー(『ゲッタウェイ』)が演じています。
63GyaOより転載

大好きなティム・バートンの監督作品ですが、アメコミのヒーロー物というだけで今まで敬遠していました。
すごく単純な子供向けのものだと決め付けていたのですが…。
原作やTV版、前知識ゼロで観ました。
…子供(幼児)向けではないですね。
ほんとあなどっていた自分が恥ずかしい。
派手なアクションシーンはないし、ヒーローが超人的な強さを持っているわけでもない。
なので勧善懲悪、「正義は必ず勝つ!」的なスカッとするストーリーを期待していると肩透かしをくらいます。
今作はやはりティム・バートンが好きか嫌いかで評価の分かれる作品になっていますね。

バットマンもジョーカーも「人間」であるということが面白かったです。
本当に前知識がないものですから、なんでバットマンがあんなにお金持ちなのか(医者の息子でしょ?)、バットマンの変装をしなければならないのかというようなくだらない疑問はおこるもの、反面「これでいーのだ!」と有無を言わさず納得させられる強引さも持っている不思議な映画でした。

しかし、特筆すべきはやはりジョーカー役のジャック・ニコルソンですね。
ジャック・ニコルソンの知名度でこの役をやったことも面白いですし、何より彼本人がノリノリなのが観ていて楽しい。
イカレっぷりが半端じゃないんですよ。
で、あの姿。
ジョーカーのあの顔からは「ピエロの涙」のようなものも想像してしまいますが…でも彼には同情する余地はありませんね263
怖いものみたさ、という深層心理を巧く使っています。
見た目も気持ちも悪いヤツなんですが、どこかかわいらしい。
まかり間違えば彼がヒーロー(正義の味方)になれそうな紙一重の精神状態のキャラクターです。
バットマン自身も誰かのためにというわけでもなく、結局は自分の復讐のために戦っているわけですし。

想像以上には面白かったのですが2時間弱という時間は少々長く感じられました。
個人的にはティム・バートン作品はやっぱり好きだなという確認ができた作品でした。

2008年06月29日 | 映画・テレビ | トラックバック:0 | コメント:0

黒水仙

黒水仙 特別版
 

黒水仙 特別版
(2003/12/24)
イ・ジョンジェ
商品詳細を見る

~あらすじ~
50年間も収監されていたソク(アン・ソンギ)が釈放された。
翌日、漢江に男の水死体が上がる。
被害者は朝鮮戦争中、脱走捕虜を捕らえる任務についていた。
直後に元警察署長も殺害される。
捜査にあたったオ刑事(イ・ジョンジェ)は、被害者の故郷で古い日記帳を発見。
それは、元女性労働党員のジヘ(イ・ミヨン)が朝鮮戦争時代に記した、過酷な逃亡生活とソクへの儚い愛の記録だった。
戦後50年を経てふたりの愛が迎える結末は…。

政治的にはもちろん、人々の心のなかにも大きな傷を残した朝鮮戦争。
その戦争に引き裂かれた愛のため人生を犠牲にする男を圧倒的な存在感で演じるのは、国民的俳優アン・ソンギ。
ソンギとともに、役柄の20歳から70歳までを演じきったのは、ヒロイン役のイ・ミヨン。
殺人事件の捜査を通じてふたりの愛を明らかにしていく刑事にはイ・ジョンジェと、スター揃いのキャスティング。韓国映画界を代表する監督、ペ・チョンホ作品です。
63
GyaOより転載

韓国映画、朝鮮戦争とあまり得意でない分野の映画でしたが「MUSA-武士-」で気になっていた俳優、アン・ソンギが出ているので観てみました。

イ・ジョンジェって人気のある俳優らしいですが…役柄のせいか私にはアツ過ぎて263
熱血漢と言えば良いのでしょうが、自己中心的ですぐにキレる刑事にしか私には映りませんでした。

ストーリー的には興味深かったです。
でもなぜか薄口。
台詞の少ないソクの貫禄だけで最後まで引っ張っていたという印象。
やはりアン・ソンギって燻し銀のように光る俳優だな、と。

郷愁を感じる映画なんですが、ヒロインの50年後のメイクや宮崎でのシーンなど興醒めさせる部分も多かったのが残念。
ラスト、よくサスペンスもののテレビでありがちな閉め方でしたが、やはりここでもアン・ソンギの演技に泣かされました。

2008年06月28日 | 映画・テレビ | トラックバック:0 | コメント:0

MUSA -武士-

MUSA -武士- ディレクターズカット完全版

MUSA -武士- ディレクターズカット完全版
(2005/10/07)
チャン・ツィイー
商品詳細を見る

~あらすじ~
1375年。
高麗は明朝と友好関係を築くため南京城へ使節団を遣わした。
しかし、使節団はスパイ容疑をかけられ、砂漠地帯へ流刑される羽目に。
途中、蒙古軍の襲撃に遭い、使節団を連行していた明の兵士が全滅。
図らずも解放された使節団のチェ将軍(チュ・ジンモ)は、わずかな水と食料で故郷・高麗へと向かう決死の行軍を決断する。
しかし、一行は再び蒙古軍と遭遇、捕らわれていた明の芙蓉姫(チャン・ツィイー)に助けを求められ…。

2005年、映画『私の頭の中の消しゴム』のプロモーションで来日し、記者会見場をすし詰め状態にした大ブレイク韓流俳優チョン・ウソン主演、共演にはハリウッド進出で世界的なアジアンビューティーとしての地位を確立したチャン・ツィイーなど、韓流・華流のトップスターが集結!
歴史から忽然と姿を消した実在の使節団をモデルに、高麗武士たちの勇姿を壮大なスケールで描いた歴史スペクタクル・ロマンです。
63
GyaOより転載

私の頭の中の消しゴム」ですっかりチョン・ウソン好きになっていたのでミーハーな気分で観ました。
どんなにヨレヨレの格好をしていても男前は男前ですな。

前半、歴史物ということもあり少々かたい気もしましたが、観ているうちになんとなく状況はつかめてくるので難しく考える必要はありませんでした。
ほとんどが戦闘シーン(かなり血生臭い)なので苦手な方にはあまりおすすめできませんが。

今作ではチャン・ツィイーは戦っていません。
生意気で我侭で登場する男性達をふりまわし、足を引っ張る困ったお姫様役です。
彼女の魅力だけではなく政治的な背景などで男達が翻弄される姿が哀れになってきます。
槍や弓の名手、それぞれのキャラクターの心情や設定にだんだん引き込まれていきます。
少しずつ仲間が減っていき、負ける戦いだとわかっていても戦い続ける男達。
理不尽だとわかっていても、熱くなるものがあります。
ラストには「そして誰もいなくなった」という虚しさが残る作品です。
2時間弱の長い作品ですが映画らしい重量感はありました。

チョン・ウソン目的で観た作品ですが、アン・ソンギにやられちゃいました。
しぶい俳優さんですね。

2008年06月27日 | 映画・テレビ | トラックバック:0 | コメント:0

猟人日記

猟人日記

猟人日記
(2007/06/01)
ユアン・マクレガー
商品詳細を見る

~あらすじ~
1940年代、イギリスのグラスコー。
運河を行き交う貨物船で働く作家志望の青年ジョー(ユアン・マクレガー)は、ある日裸同然の女性の水死体を発見する。
それ以来ジョーの内面に変化が起き、貨物船の船長レズリーの妻、エラ(ティルダ・スウィントン)に欲望を抱くようになってしまう。
遂にエラを誘惑したジョーは…。

流れ着いた水死体を発見した青年が、欲望に目覚めていく姿を描くサスペンス。
アレグザンダー・トロッキの小説『ヤング・アダム』を、ユアン・マクレガー主演で映画化した作品です。
ユアン・マクレガーに誘惑される人妻を演じたのは、第80回アカデミー賞で助演女優賞に輝いたティルダ・スウィントン(『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』)。
63
GyaOより転載

後味の悪い作品でした。
イギリス独特の湿った鉛色の質感は味わえます。
時代も古いですし、登場人物の身なりや背景も質素でみすぼらしく、観ている内にどんどん欝になってきます。

「猟人日記」。
タイトルの意味がわかりません。
もっと追い詰めるハンター的なサスペンスだと思っていました。

時間軸を巧みに利用する撮影の手法で暗い水面に沈んでゆくような、嘘かほんとかわからない奇妙な気持ちにさせてくれます。
原作者のアレグサンダー・トロッキって1950年代、ウイリアム・S・バロウズらと共に活躍した伝説のビート作家なんですってね。
「ビート」っていうのは「現代の常識や道徳に反抗し、無軌道な行動をする若者たち。第二次大戦後、米国を中心に現れた。ビートニク」ってことらしいです。
そのまんまの作品でした。

派手と言うか、華やかさはまったくない作品ですが役者がみんな巧く、わけのわからない焦燥感と共に見入ってしまいました。
2003年公開なんですが、この年ユアン・マクレガーは「ビッグ・フィッシュ」も公開されていますね。
その対比は面白かったです。

2008年06月18日 | 映画・テレビ | トラックバック:0 | コメント:0

荒野の七人

荒野の七人 (特別編) (ベストヒット・セレクション)

荒野の七人 (特別編) (ベストヒット・セレクション)
(2007/10/24)
ユル・ブリンナー
商品詳細を見る

~あらすじ~
メキシコの小さな村イストラカンは、カルベラ率いる盗賊に大切な作物を略奪され、あげくに村人も殺されていた。
繰り返されるこの事態に村の人々は、ガンマンを雇うことを決意。
わずかな報酬にもかかわらず早撃ちのクリス(ユル・ブリンナー)ら7人のガンマンが集まってきた。
彼らは村人に銃の扱いを教え、カルベラとの戦いに備えるのだった。

黒澤明監督の『七人の侍』をベースに、リメイクした傑作西部劇。
メキシコの小さな村を舞台に、7人のガンマンが用心棒として極悪な盗賊に挑む!
ユル・ブリンナー、スティーヴ・マックィーン、チャールズ・ブロンソン、ジェームズ・コバーンなど豪華スターが共演し、華麗な銃さばきを披露。
監督を務めたのは、『大脱走』のジョン・スタージェス。
63
GyaOより転載

以前「大脱走」がいろんな偏見がぶっとんでしまうくらい面白かったので、今回は西部劇を初めてまともに鑑賞。
黒澤明監督の「七人の侍」も未見なので(←こちらはまだ食わず嫌い263)、比較することもなくすんなりと観ることができました。

1960年の作品なので、今作の後に「大脱走」(1963年)が制作・上映されているんですね。
大脱走」から逆に観てしまった私としては、主要"ステキ420"キャストが複数登場しているのがまず嬉しかった。
とはいえ、今回の収穫はユル・ブリンナー!
こんなカッコいいハゲスキンヘッドの俳優さんは見たことなかったなぁ。
ジュード・ロウ似の美形です。

各キャラクターの役割がはっきりしていて、ストーリーも明快。
音楽がこれまた最高。
映画は知らなくても誰もが耳にしたことがあるはずです。
全部が全部、ご都合主義でハッピーエンドってわけじゃなく「オマエ、こんなとこで死ぬなよ~259」っていう涙もありーの、でも観た後には清々しさの残る痛快な作品でした。



2008年06月16日 | 映画・テレビ | トラックバック:0 | コメント:0

ミザリー

ミザリー (特別編)

ミザリー (特別編)
(2008/03/05)
ジェームズ・カーンキャシー・ベイツ
商品詳細を見る

~あらすじ~
「ミザリー」シリーズの売れっ子作家ポールは雪道で事故に遭ってしまう。
気が付くとポールのファンだという元看護婦のアニー宅で手厚い介護を受けていた。
だが、「ミザリー」シリーズの最新作でヒロインが死ぬことを知ると態度が一変。
アニーは自分の思い通りの物語になるようポールを脅迫。
監禁状態のポールは、なんとか脱出を試みるが…。

捕まったら逃げられない…。
スティーヴン・キング原作の小説を映画化した、熱狂的なファンに監禁された作家の恐怖を描く傑作スリラー。
本作でアカデミー賞主演女優賞を獲得した、心優しい看護婦から一転、自分の思い通りにならなければ容赦ない狂気の女性を演じたキャシー・ベイツの姿は一見の価値があります。
監督を務めたのは、『スタンド・バイ・ミー』のロブ・ライナー。
63
GyaOより転載

1990年の作品です。
もっと古い作品かと思っていました。
流行のファッションや小道具が出てこないし、シンプルなストーリなので良い意味で時代を感じさせません。

観た人、誰もがいうようにアニー役のキャシー・ベイツが見事なはまりっぷりです。
とても近くに感じる映画です。
アニー手前の人って意外と多く存在してますよね。
この世で一番やっかいで怖ろしいのはアニーのような人かもしれませんね。
もうポールに感情移入しまくりで見入ってしまいます。
逃げなくっちゃ、とにかく逃げなくっちゃ282って。
次々と失敗するさまはイライラとハラハラの連続。

へんな小細工いっさいなしのストレートな作品。
「ミザリー」を観た後、キャシー・ベイツがどんなに善人の役を演じていても「アニー」にしか見れなくなってしまいましたが263
心理的な緊張感や恐怖を求めている方にはイチオシの作品です。

2008年06月15日 | 映画・テレビ | トラックバック:0 | コメント:0

ぼくを葬る

ぼくを葬る


ぼくを葬る
(2006/10/06)
メルヴィル・プポー
商品詳細を見る


~あらすじ~
パリに住むフォトグラファーのロマン(メルヴィル・プポー)。
ある日ロマンは医者から、自分が余命3ヶ月であることを告げられてしまう。
突然のことに戸惑いながらロマンは、病気のことを愛する家族には隠し、恋人には別れを告げて、たったひとり運命を受け入れることを覚悟するのだった。

余命3ヶ月の宣告。
恋人とも分かれ、家族にも秘密にした男は、最期のとき何を見つけたのか?
『8人の女たち』のフランソワ・オゾン監督が贈る死をテーマに描く3部作の、『まぼろし』に続く2作目です。
最期の時に近づくにつれやつれていく主人公をメルヴィル・プポーが熱演。
さらに主人公の祖母役をフランスの大女優ジャンヌ・モローが演じているのも見どころ。

63GyaOより転載
63公式サイト


生まれてきたからにはいつかは必ず訪れる死。
自分自身の死の訪れをこれほど客観的に撮った映画を観たのは初めてだったかもしれません。
「どう生きたいか」ではなく「どう逝きたい」かを主人公は自ら決断します。
まわりにも悟られぬよう行動するので曖昧な同情もなく、物語は淡々と進行していきます。
そのぶん、主人公だけに感情移入することができ、繊細な緊張感に息を詰めて見入ってしまいました。

この映画のために書き下ろしたというクレモンティーヌの楽曲が見事にハマッてます。
生まれた時から死へのカウントは始まっていて、それに向かって前進するというような…
上手に表現できませんが前方には小さな光が見えているような…儚くて強いといった、相反するようでいて実は裏も表もなく一つだったというような。

R15指定で主人公がゲイ。
そこだけ聞くとどうかな?と思う方もいるかもしれませんが。
フランソワ・オゾンならではのしっとりとした品のある作品です。
個人的には少しだけ「
ベニスに死す」を感じました。

リアルでいてリアルじゃない、静かに感動が残る作品でした。

2008年06月13日 | 映画・テレビ | トラックバック:0 | コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。