スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

霊ナァンテコワクナイヨー

霊ナァンテコワクナイヨー


霊ナァンテコワクナイヨー
美輪 明宏 (2004/04/10)
PARCO出版
この商品の詳細を見る


出版社/著者からの内容紹介
「霊が人間の生活にどういう影響を与えているか…」 霊界早わかり! 
ホントは怖い霊の世界。
怖がらずに生きていくために、 本当の幸せを知るために、この本をお読みください。
ベストセラーとなった『人生ノート』『ああ正負の法則』に続く、書き下ろし第三弾。
霊界と人間界のしくみから、霊的なことを踏まえた開運法、 美輪氏の体験談、不思議な話・お化けの話まで。
人間の本当の幸せとは… 霊を怖がらずに生きるには… すべての答えがここにあります。


またしても心霊関係の本の紹介です263


私はもともと霊だとか霊界だとかをそれほど信じるタイプではないです。
というものも、霊感があると堂々と言い切る人や、そういうのをビジネスにしてしまっている人達に限って人徳が感じられず不信感ばかりが大きくなっていたからです。
私自身が心霊現象を体験をしたこともありませんし。
だけど両親や生前の祖父母がお墓やお仏壇をとても大切に護っている姿を見て育っているので、気づかないうちに信仰心というか、ご先祖様を敬う気持ちみたいなものは持っていました。
なのでそういう世界を完全に否定することも肯定することもなく育ってきたのですが。


昨日、佐藤愛子さんの「私の遺言」、そして今日美輪さんの「霊ナァンテコワクナイヨー」を読んで、単純ですが霊はいる、霊界はあると思いました。
信じる信じないは別として、そうとしか言いようがありません。
この二冊はセットで読むことをおすすめします(よりわかりやすいです)。
ただ、そういう思いにはなったけれど信仰宗教に依存、傾倒したりするつもりも予定もさらさらありませんし、何かをしなくっちゃという観念にとらわれてしまったということもありません。
そういうことを強要している本ではないからこそ、気負わずに読めます。
言葉では説明できなかった漠然とした思いや考えが「ああ、そういうことだったのか」とすんなり理解できる本、とでも言えばいいでしょうか。


霊=怖いというイメージが大きいですが、接し方(語弊があるかもしれませんが「考え方」くらいのニュアンスで)を知ればコワクナイヨーということがわかります。
自身の存在する意味やルーツを知りたいと思うきっかけにもなりましたし、逆に現在デタラメなことをしている他人に対して哀れみを感じるようにもなりました。


この二冊を読んで価値観が変わりましたね。

スポンサーサイト

2007年05月23日 | | トラックバック:0 | コメント:0

私の遺言

私の遺言


私の遺言
佐藤 愛子 (2005/09)
新潮社
この商品の詳細を見る


内容(「BOOK」データベースより)
北海道に山荘を建てたときからそれは始まった。
屋根の上の足音、ラップ音、家具の移動をともなう様々な超常現象、激しい頭痛。
私はあらゆる霊能者に相談してその原因を探った。
そうせずにはいられなかった。
やがてわかった佐藤家の先祖とアイヌとの因縁。
霊界の実相を正しく伝えることが私に与えられた使命だったのか。
浄化のための30年に及ぶ苛烈な戦いを記した渾身のメッセージ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
佐藤 愛子
1923(大正12)年、大阪市生れ。
甲南高女卒。
小説家・佐藤紅緑を父に、詩人・サトウハチローを兄に持つ。
’50(昭和25)年「文藝首都」同人となり処女作を発表。
’60年「文學界」に掲載された「冬館」で文壇に認められ、’69年『戦いすんで日が暮れて』で直木賞を、’79年に『幸福の絵』で女流文学賞を受賞。
佐藤家の人々の凄絶な生きかたを、ありありと描いた大河小説『血脈』で、2000(平成12)年菊池寛賞を受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


ずいぶん前に母から「美輪(明宏)さんが好きならこの本あげるわ」と言って、貰ったまま未読のままでした。
ふとしたきっかけでさっき読み終わったのですが…



 目からウロコ


とはまさに!!といった内容でした。
昨今のデタラメな人間や情勢に辟易している現在、多くの方に読んでもらいたい一冊です。
「見えないものは信じなかった」佐藤愛子さんが書くからこその説得力。
この本を書くために文筆業を生業としたんじゃないかとまで思ってしまいました。
人としての大事なこと、忘れたらいけないこと、生きているんじゃなくて生かされている意味。
そういうことが凝縮された、まさに佐藤さんの「遺言」。


今までパラパラとめくっただけでオカルトよりの胡散臭い内容だと決め付けていた自分が恥ずかしいです。
いい加減な人生送れないなぁという責任感と緊張感が生まれました。
衝撃的な内容でしたね。
考え方が根底からひっくり返るような。
この時期に私がこの本を読んだことにも意味があるのかもしれないなぁ…。
人として未熟すぎるので、私が熱く語れば語るほど胡散臭くなるのはわかっているので多くは語りませんが。
ただ「読んだほうがいいよ」としか言えません。


美輪さんや江原さんも登場します。
ご自身の目で真理を確かめてみてください。

2007年05月22日 | | トラックバック:0 | コメント:0

紫の履歴書

紫の履歴書 新装版


紫の履歴書 新装版
美輪 明宏 (2007/03)
水書坊
この商品の詳細を見る


美輪さんの30歳前半までの自叙伝です。
ムンムンと香気漂うような濃い内容です。
「紫の履歴書」、まさにピッタリのタイトルです。


今でこそすべてを悟ったかのような美輪さんですが、この本を読めば、成るべくしてなった現在までの軌跡を垣間見ることができます。
老若男女問わず、人を虜にする美貌の原因も合点がいきます。


私の場合、心が折れそうな時によくこの本を読みますね。
美輪さんの波瀾万丈で壮絶な人生に比べると「まだまだ大丈夫」な気がするのです。
美しい文章にも癒されますし。


時間軸もラフな感じでわりと前後していたりもしますが、いつの間にか美輪さんのペースにひきこまれ躓くことなく読み進めていけます。
なんか圧倒されるんですよね。
何度も重版され、現在一番新しいのが上記画像のもののようですね。
私が持っているのは角川文庫のものですが。

2007年05月21日 | | トラックバック:0 | コメント:0

銀牙伝説 WEED

銀牙伝説 WEED 1巻


銀牙伝説 WEED 1巻
高橋よしひろ、 他 (2006/02/17)
ビデオメーカー
この商品の詳細を見る


~あらすじ~
少年誌で連載された高橋よしひろの人気作の続編をアニメ化!
北アルプス山中で穏やかな日々を過ごしていた秋田犬・ウィードは、病に倒れた母犬・桜からあることを打ち明けられる。
なんと彼は巨熊・赤カブトを倒した奥羽軍団の総大将で、勇気とカリスマを兼ね備えた伝説の漢(おとこ)・銀の一人息子だったのだ。
父の偉大さを知ったウィードはまだ見ぬ父に会うため、イングリッシュセッターのGBとともに奥羽へと旅立つ。
63
GyaOより転載
63オフィシャルサイト


ここ最近、私がめちゃくちゃはまっていたアニメです!!!
とにかく熱い269
一言で説明するなら犬の任侠物語。
犬しか出てきません。
おまけに喋っています。
バカバカしいと思いますか?
侮るなかれ!!!

おとこ気溢れる作品です。
もう涙なくして観ることはでません。


あまりの面白さにGyaOでの毎週火曜日2話更新が待ちきれず、You Tubeで全話観ちゃったくらいです。
もともと昭和58年に連載が始まった本編「『銀牙 -流れ星 銀-」をリアルタイムで読んでいたこともあり、最初は懐かしさだけで観始めたのですが。
当時はまだ小学生の低学年だったこともあり、話もうろ覚え。
単純に「ほぉ~、銀の子供が主人公か~」と、身内の年寄りのような感覚でした。


このアニメも映像自体の出来はそれほどでもありませんし、話もかなり端折っているらしいのですが、個人的にはじゅうぶんに満足。
主題歌のイントロを聞くだけで涙が出ちゃうほどにツボに入っちゃってました。
就職したらマンガとDVD、間違いなく大人買い決定。
マンガの方はまだ連載中のようですし。


久しぶりにヤバイくらい泣きました。
まいった。


Ginga Densetsu Weed episode 1 part 1


2007年05月20日 | 映画・テレビ | トラックバック:0 | コメント:0

ザ・ハリケーン

ザ・ハリケーン


ザ・ハリケーン
デンゼル・ワシントン (2000/12/21)
東宝
この商品の詳細を見る


~あらすじ~
1966年、ニュージャージー州で起きた3人の男女の殺人事件の容疑者として逮捕された天才ボクサー、ルービン・“ハリケーン”・カーター(デンゼル・ワシントン)。
ルービンは、人種偏見に満ちた裁判の結果、終身刑を宣告されてしまう。
再審もうまくいかず人々がルービンを忘れようとしていた時、ある少年が無実を訴える彼の自伝と出会い…。


無実の罪によって30年も投獄された実在の黒人ボクサーの半生を描く人間ドラマ。
アカデミー賞も獲得した実力派俳優デンゼル・ワシントン(『トレーニング デイ』)が1年をかけてボクサーとしての体を作り上げたという迫真の演技もみどころ。
人種偏見という問題を描きながらも、サスペンスとしても緊張感のある作品です。
63GyaOより転載


実話をもとにして作られたフィクションです。
私はよく「実話なんだー」と全てを鵜呑みにしてしまうので330


ボクサーが主人公ですが、ボクシングがメインではなく冤罪がテーマの映画です。
デンゼル・ワシントンの心情の変化、演技は一見の価値ありです。
内に秘める熱さを感じます。
少年との奇跡的な出会い。
偶然ではなく必然という気がしますね。
考えさせられる台詞もたくさんあります。


ボブ・ディランの"Hurricane"、今更ながら意味がわかりました。


日本でも同時期にボクサーの冤罪事件がおこっています。
袴田事件です。


ザ・ハリケーン
ルービン・カーター事件

Wikipediaへのリンクです。
詳細を知りたい方はどうぞ。

2007年05月14日 | 映画・テレビ | トラックバック:1 | コメント:1

ブレイブ ストーリー

ブレイブ ストーリー


ブレイブ ストーリー
亀山千広 (2006/11/23)
ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る


~あらすじ~
これは、ボクの勇気のハナシ。
宮部みゆきのベストセラー原作!
豪華声優キャストで贈る、小さな勇者の冒険ファンタジー!!

体力は平均。
勇気は最低ランク。総合評価は35点。11歳の少年の願いが、大冒険の扉を開く!

「失敗したら二度と戻っては来れない」――そんな危険を冒してでも、どうしても叶えたい願いがあった。
それは、バラバラになってしまった家族を取り戻すこと。
自分に降りかかった最悪な運命を変えるために、ありったけの勇気を振り絞って、運命を変える扉の向こうへと踏み出した11歳の少年ワタル。
しかし、そこから始まる途方もない旅は、ワタルの想像も、覚悟も、たったひとつの願いさえも、はるかに超えるものだった――。


11歳の平凡な少年ワタル(声・松たか子)は、ある日クールな転校生ミツル(声・ウエンツ瑛士)が不思議な扉を開けて中に入っていくのを目撃する。
扉の向こう=幻界(ヴィジョン)へ行けば、一つだけ願いが叶うのだとミツルはいう。
そんな折、ワタルの父が失踪し、母は心労で倒れてしまった。
家族を再生させるべく、ワタルはその扉を開けるのだが…。
宮部みゆきの同名小説を原作にしたファンタジー・アニメーション大作。
63Amazon.co.jpより転載


テレビ放映していたのを初めて観ました。
好きな冒険ファンタジーということでわりと期待いたのですが…。
どちらかといえば、がっかり度が高めでしたね。
原作は長編でそれなりに評価されているようなんですが。
原作との相違点は
こちらを参考までに。


どこかで見聞きしたような事柄の繫ぎ合わせで、新鮮味に欠けていました。
映像は綺麗で迫力ある場面もありましたが、特にというほどではなかったです。
吹き替えに俳優ばかり起用していますがそちらの心配は杞憂に過ぎませんでした。
まあそれも「これはひどい!」っていうレベルではなかったというだけなんですが。
以外だったのは芦川美鶴役のウエンツ 瑛二が合っていたこと。
良くも悪くも、印象付けるような前歴がないためか、余計な背景を考えずに観ることができました。

2007年05月05日 | 映画・テレビ | トラックバック:0 | コメント:0

ルパン三世 ルパン vs 複製人間

ルパン三世 ルパン vs 複製人間


ルパン三世 ルパン vs 複製人間
モンキー・パンチ、 他 (2003/10/24)
東宝
この商品の詳細を見る


~あらすじ~
エジプトはファラオの墓に忍び込んだルパン、次元大介と石川五右ヱ門の三人は銭形警部の警戒をくぐり抜け、「賢者の石」を盗み出し、謎のセクシーガール峰不二子に渡した。
ルパンは彼女に首ったけなのだ。
彼女はその石をマモーなる人物に渡すが、それはルパンがすりかえた偽物だった。
やがて、その石が永遠の生命の謎を秘めていると判るが、次元も五右ヱ門も信じない。
そんな時、ルパンがマモーに連れ去られてしまった。
次元や五右ヱ門はアメリカ大統領特別補佐官から、マモー追求の仕事への参加を申し入れられる。
いまや全人類は「賢者の石」を手に入れ、神を名乗るマモーの怖るべき脅迫を受けている。
不二子はマモーから永遠の美と若さを与えられることに有頂天になりながら、しかし、ルパンの生命を救いたいと、矛盾した境地に立つ。
そして、ルパンの活躍でマモーのもとから脱出した二人。
マモーとは何者であろうか?
マモーは一万年の昔から自己を複製しつづけて生きてきた「クローン人間」だったのだ。
今、全地球を手中に収めようとするマモーとルパンの最後の戦いが始まるのだった。
はたして、ルパンは勝利して不二子のセクシーな唇を奪えるだろうか……。
63goo 映画より転載


テレビで放映していたのを久しぶりに観ました。
1978年の作品です。
当時にクローンを題材にしていることに、ストーリーの水準の高さを感じます。
だからこそ、現在でも放映されるんでしょうけど。


「マモー」という名キャラクター、今でこそ見れますが、小さい頃はやたら気持ち悪くて怖かった印象が。
西村晃さんなんですよね。
初めて知った時は水戸黄門とのギャップに苦笑した覚えが。


テレビアニメの1stシリーズに一番近い感じですよね。
ハードボイルド路線で、視聴者に媚びてないルパンと仲間達がカッコいい。
マモーの哀愁のようなものも、この歳になってやっと感じられるようになったし。


不二子ちゃんといえば増山江威子さん。とずっと思っていたのですが、去年テレビアニメの1stシリーズを見てからは、増山さんも良いけど初代の二階堂有希子さんはもっと色っぽかったな、という感想を持つようになりました。


故・三波春夫氏の歌うエンディング「ルパン音頭」が、のどかでおおらかで本編を見終わった後の充実感を倍増させてくれます。

2007年05月04日 | 映画・テレビ | トラックバック:1 | コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。