スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

逆噴射家族

逆噴射家族


逆噴射家族
小林克也 (2001/05/25)
ジェネオン エンタテインメント
この商品の詳細を見る


 1983年の石井聰互監督による作品。
原案は小林よしのり氏。


郊外に小さいながらも念願のマイホームを手に入れた小林家。
一家の主は平凡なサラリーマンの勝国(小林克也)。
躁状態で色情狂気味の妻、冴子(倍償美津子)。
浪人中の学歴至上主義の引きこもりの長男、正樹(有薗芳記)。
アイドルになることを夢見て人に媚びる事ばかり考えている長女、エリカ(工藤夕貴)。
お互い小さなストレスを蓄積させながらも表面上は平凡な家族だった。
この新居への引越しをきっかけに、家族のストレスは一掃されると信じていた勝国。
そこへ長男夫婦から追い出された勝国の父、寿国(植木等)が転がり込んでくる。
寿国との同居に不満を感じ始めた家族達の精神が崩壊していくバイオレンス・ブラック・コメディ。


20年以上も前の作品なのに、登場人物たちのストレスや悩みの本質は現在とあまり変わらない。
20数年たった現在、親子間での殺人事件がニュースで頻繁に取り上げられるようになっている。
しかし過激に話が進行していくので考えながら観る暇はない。
放送禁止用語がばんばん飛び交い、役者達の体当たりの演技に圧倒される。
役者にとって老人と狂人の役は「アタリ」だと聞くが、この映画に関しては役者全員がハマリ役だ。
それぞれの立場に立つと、それぞれの正当性がある。
でもみんなヘンなのだ。
どんどん家族がおかしくなってしまう様は恐すぎて笑える。
最初から最後までマンガ的な展開で、内容的には陰惨なものだが、それを軽く上回るほどの勢いで、観終わった後に不快感は残らない。
ラストの燃え尽きた感、呆けた加減がまだ(悪)夢の続きの中にいるようで不思議な気持ちになる。


この映画、大好きだった某ミュージシャンが「初めてのデートで彼女と観にいった」と紹介していたこともあり、以前からずっと観てみたかった。
今回、初めて観て…デート向けではないな、と263

スポンサーサイト

2006年06月28日 | 映画・テレビ | トラックバック:0 | コメント:0

生死半半

生死半半


生死半半
淀川 長治 (1998/12)
幻冬舎
この商品の詳細を見る


美輪明宏様(敬称に困る)はよく「映画を観なさい」と言う。
人生をつまらないと思っている人や他人を思いやれない人、あるいは状況判断の苦手な人に映画を通して様々な生き方や考え方を学べと。
なるほどと思い、それ以来私は映画を娯楽や暇つぶしのためだけに観るのではなく、何か「感じる」ことがあればいいなぁと期待して観るようになった。


今は様々な映画をネット上で無料で観る事もできる。
どんなジャンルの映画でも食わず嫌いは止めにしてとりあえず観てみようと、少しでも興味のわく作品は観てみたいと思うようになった。
もちろん最初から最後まで苦手な作品もあった。
そんな時に淀長さんの言葉を思い出した。
「どんな駄作にも必ずチャーミングなところがある。」
そして、その後には「だから映画ってステキなんです。」と続く。
これって映画に限らず、人や物にも置き換えられる言葉だ。


そんな淀長さんが晩年に書かれた著書が「生死半半」。
86歳の時に書かれ89歳で亡くなっている。
表紙の眼鏡の絵が意識はしてないだろうがジョン・レノン風でおちゃめだ。
淀長さんは、生涯独身を貫き通した。
人生を映画と共に生きた人だ。
この本は淀長さんの「生」と「死」についての考え方、それに映画を絡ませてのエッセイだ。


なぜ、独身だったのか。
独りで生きていく寂しさや恐さはなかったのか。
そんな答えが独特の丁寧な語り口調で記されている。
独身を薦めているものでもないし、宗教も絡んでない。
ただ、読み終わった後に勇気は沸いた。
信念を持って生きた淀長さんを、今になって心からカッコいいと思う。
この本を読んで、また何か映画が観たくなった。


若い方にオススメの一冊です。
「一生懸命」や「生きる」「死ぬ」と言うことを意識して生活するのとしないのでは人生の楽しみ方が違ってくると思うよ。

2006年06月26日 | | トラックバック:0 | コメント:0

女と男のいる舗道

女と男のいる舗道


女と男のいる舗道
アンナ・カリーナ (2006/05/26)
ハピネット・ピクチャーズ
この商品の詳細を見る


巨匠ジャン・リュック・ゴダール監督のフランス映画。
一つのストーリーが12章にわたって展開していく。
女優を夢見る若く美しい主人公ナナ(アンナ・カリーナ)。
映画の冒頭、カフェでいきなり元・夫との別れ話から始まる。
ナナ、夫、共に背中越しのカメラアングルで2人の表情はわからない。
ただ、その別れ話にドロドロしたものはなく淡々としている。
その後ナナはレコード店で働きだすが安月給のため生活苦に。
悩みや迷いといった描写はなく、すぐに街娼へと身を崩す。
ある日ナナはポン引きのラウール(サディ・レボ)と出会い、ラウールはナナのヒモとなる。
最終的にはラウールと客との金銭トラブルに巻き込まれ…というような内容だ。


1962年の作品でモノクロ。
サイレント映画風の場面もあり。
ステキな台詞も多いが、後半になるにつれ哲学的になってきて「詩的」な映画が哲学書を読んでいるような気になる章があり、少し疲れた。
後で知ったのだがマルセット・サコットのドキュメンタリー「売春婦のいる場所」にゴダールが脚色を加えた作品だと知った。
だからこれほどまでに淡々としているのかと納得。
シュールなラストに少々ポカンとしてしまった。

2006年06月20日 | 映画・テレビ | トラックバック:0 | コメント:0

PROCESS

PROCESS


PROCESS
矢野 りん子 (1992/05)
集英社
この商品の詳細を見る


私の所有しているマンガのかなりの割合を占めているのが音楽関係、バンド関係のものだ。
今日、紹介するのはファン目線の追っかけ物。
作者の矢野りん子さん自身、過去にTHE POGOのスタッフをしていたり、大好きなバンドのライブを地方まで観に行ったりと言う体験をされていた方で、勝手に親近感を持ち大好きなマンガ家さんだった。
現在は「マンガ家」と言う肩書きを捨てフリーでいろいろなお仕事をされているようで、実は何気なくテレビやゲームで見かけているキャラクターが矢野さんのものだったりで驚くこともある。
詳しいことは御本人のサイトをご覧下さい
109


矢野さんはTHE STREET BEATSやBLANKY JET CITYが大好きで、関連したキャラクターや名前や単語が作品に登場するのもリアルで楽しかった。
(「BANG!」というコミックスはBJCのFC会報でも紹介された)


今日紹介する「PROCESS」は矢野作品の中でも私の中で1,2を争う名作。
大好きなインディーズバンドのライブにたくさん行きたいが為に高校を中退した主人公。
アマチュアならでは懇意にしてもらっていたバンドはやがてメジャーになり、追っかけ仲間
は学生生活を送りながらそれぞれ将来も考え始め、自分ひとりが取り残されたような気持ちになり…と言うような内容。
汗臭く、熱く、笑いあり、涙ありで臨場感たっぷりでまさに青春そのもの。
読みきりの短編なのも良い。
現役で追っかけやっている女の
子や、過去にバンギャだったオネーサン達は共感できる部分もあるのでは
?(ジャンル的にはパンク寄りです。)


※余談だが今朝5時頃、震度3弱の地震があって恐かった。

2006年06月12日 | | トラックバック:0 | コメント:0

Kiss xxxx

Kiss xxxx (1)


Kiss xxxx (1)
楠本 まき (1989/05)
集英社
この商品の詳細を見る


ここ最近、精神的にまいっていたが、ずいぶん楽になったので(立ち直り早い?がんばってるんですよ!!)またマンガの話に戻します。


日本の音楽業界でまだ「ヴィジュアル系」と言うジャンルが確立する以前は「お化粧系」「黒服系」「耽美系」はたまた「ポジパン」「ヘビメタ」とかわけのわからない言葉でまとめられようとしていた。
音楽ジャンルと言うよりは、見た目で区別(というより差別)化されていた。
その後バンドブームもあり、さらに事務所やレーベルなども絡み細分化していった。


とにかく「ヴィジュアル系」と言う言葉が定着する少し前~バンドブーム全盛期の頃に「そういう系」が好きな少女達のバイブルのような存在だったのが今回、紹介するこのマンガだ。
今で言う「NANA」に近い、と言えばわかりやすいだろうか。
もちろん絵柄やストーリーは全然違う。
実在するバンドやミュージシャンがモデルだったり、このマンガの影響をもろにうけているバンドがあったりで、一部では物凄い支持された影響力のあったマンガだ。


作者の楠本まきさん自身、マニアックなバンドファンのようで「にわか」には描ききれないようなリアルさがある。
とは言っても、マンガ自体にはほとんど生活臭は感じられない。
現実っぽさのないところと、全体的に漂う浮遊感がこのマンガの魅力だ。
音楽と融合したマンガとでも言うのだろうか。
詩的な言葉の数々と細い細い線とモノトーンの美しさが、この作者ならでは。
公式サイト109


登場人物のかめのちゃんのファッションを当時、参考にした女の子も多かった。
俗にロリータと呼ばれるものだが、今とはちょっと雰囲気が違う。
こんな風に書くとオバサンの戯言のようだが…昔のロリータファッションには品があった。
需要が少なかったためか、ポリシーを持っている人が多く、素材も上質だった。
今のロリな乙女達に一言物申したい。
レースの重要性を勉強してから着ろ、と。
レースでとんでもなく安っぽくなるぞ、と。
こういう着る人を選ぶファッションは本来とっても難しいものなんだから、「好き」なだけで着ている人はそれなりの努力をしてもらいたい。


なんだか話がそれてきたが…。
oliveなんかでモデルをやってた頃の若かりし吉川ひなのちゃんなんかもろにかめのちゃんだった。


とにかく私の音楽人生を語るには避けることのできないマンガである。

2006年06月11日 | | トラックバック:0 | コメント:0

雪姫ちゃんとゲゲゲの鬼太郎

 雪姫ちゃん


雪姫ちゃんとゲゲゲの鬼太郎 / 水木 しげる


今日は妖怪博士こと水木しげる氏。
昨日はブラック・ジャックで「生」ならば今日は鬼太郎で「死」(死後の世界)。


死後の世界とか、辿っていけば必ず宗教や風土が絡んで奥深く難しい話になりがちなのを水木氏はマンガにし、子供にもわかりやすく説いた功績は偉大だと思う。
小さい頃からテレビアニメやマンガで親しんでいるので○○妖怪などと聞くとすぐに水木氏の描くキャラクターが思い浮かぶくらいだ。
誰も行ったことのない死後の世界はある意味、魅力的だ。
恐いもの見たさと言うべきか何と言うか。
水木氏の描く絵は巧くて下手だ。
ゲゲゲの鬼太郎など、キャラクター一人ひとりはすっとぼけているし、妖怪なんかもどこか愛嬌があってあまり恐くない。
しかし、その背景画には驚く。
吸い込まれそうな点描画なのだ。


鬼太郎に妹がいるのをどれくらいの人が知っているのだろう?
名前は「雪姫」ちゃんと言う。
目玉のおやじが「白雪姫」から拝借してあっさり名付けた。
この雪姫ちゃん。
なんとねずみ男が拾ってきたのである。
閻魔大王の血統書と共に。
なんとも強引だが妖怪なのでそれも「あり」かと。
この文庫のシリーズにはねずみ男をタイトルに抜擢したものもあって、そちらはねずみ男の出生の秘密なんかもわかって面白い。
ネタバレになるがねずみ男の本名は「ペケペケ」と言う。
ねずみ男と言うのは妖怪の種族の総称らしい。
ちなみに「ペケペケ」の意味は南方語(どんな言葉だ?)で「ク○」という意味らしい。
(ユニコーンの曲のタイトルにもペケペケというのがあってちょっと笑った。

2006年06月08日 | | トラックバック:0 | コメント:2

Black Jack

Black Jack―The best 12stories by Osamu Tezuka (1)

Black Jack―The best 12stories by Osamu Tezuka (1)
手塚 治虫 (1993/07)
秋田書店
この商品の詳細を見る


昨日、楳図かずお氏の「まことちゃん」について書いたので、今日は私にとってもう1人のマンガの神様こと手塚治虫氏。
楳図氏と比較するのも御両者に失礼だとは思うが。
楳図氏がどちらかというとサブカル寄りなのに対し、手塚氏は超メジャー。
日本で知らない人はおそらくいないだろう。
ジャンルを問わず描ける技量はまさにマンガの神様、マンガの父。
公式サイトは
109(見ごたえアリ!)


現在はテレビアニメで「ブラック・ジャック21」として放映中。
原作は壊していないがこのブラック・ジャック、変な帽子をいつも冠っているのが不満と言えば不満。
あと全体的にミステリー仕立てなのが。
2006年8月より新宿コマ劇場にて、手塚治虫デビュー60周年記念としてモーニング娘。と美勇伝主演でのミュージカル公演が決定されている。
サファイア役は高橋愛。
宝塚歌劇団が前面バックアップとはいえ、こちらもなんだかなぁ。
公式サイトは
109
さらに2007年夏には「どろろ」が実写で映画化。
主演はどろろに柴咲コウ、百鬼丸に妻吹木聡。
公式サイトは
109
とにかく手塚作品は万人に愛されている。


今更、説明するまでもないブラック・ジャック。
手塚作品の中では一番好き。
どこが好き、何が好きっていう次元じゃないくらい好き。
特に印象深いのは「霧」というサブタイトルの作品。


次点として好きな作品は「七色いんこ」と「三つ目がとおる」。
手塚氏本人は駄作だと言っていた「やけっぱちのマリア」。
「ふしぎなメルモ」はエロかわいい。
楳図氏同様、好きな作品が多すぎて困る。


マンガもさることながら手塚氏自身もかなり個性的だったようで。
水木しげるの妖怪マンガがブームになると対抗して「どろろ」を執筆したり。
ディズニーを「神様」と敬いながらもライオン・キングは自身のパクリだと公言したり(すげー!!)。※まわりの関係者が、です。
結婚して亡くなるまで(約30年)の間に家族と過ごした時間は正味3年にも満たなかったとか(不仲だったのではなく、それだけマンガを描いていたと。)
負けん気が強く、常に向上心を持ち、努力を惜しまない姿は尊敬する。
ブラック・ジャックをはじめ、手塚氏のマンガを週刊で読めていた時代があるのはファンにとって贅沢すぎる話だ。

続きを読む

2006年06月07日 | | トラックバック:2 | コメント:0

まことちゃん

まことちゃん (1)


小学校の低学年の頃からマンガが大好き。
中でも楳図かずお氏は特別。
手塚治虫氏と並んで私の中ではマンガの神様扱い。
その神様が近頃CMに出演している。
109で視聴できる。


それにしても彼の見た目は変わらないな。
あの髪型とトレードマークの赤白ボーダーのTシャツのせいか?
漫画家デビューして2005年に50周年を迎えてるだなんて凄い。
もう10年くらい前から腱鞘炎の悪化で休筆中だが、こうして色んな分野で活躍している姿が見れるのは嬉しい。
テレビの外国語講座の生徒さん役でも出演していたし、さまざまな対談をはじめ、イベントやライブも行っている。
マルチな才能に溢れた方だ。


ホラーの第一人者のように思われがちだが、ギャグだって凄い。
楳図氏のホラーはとことん恐い。
ちびるっ!!を通り越して精神を崩壊寸前に追いやるほどに恐い。
トラウマになって残っている作品もあるし、未だに恐くて見れないページもある。
絵の巧さと心理描写はまさに神業。
ホラーとギャグなんて対極してるようだが、実は紙一重なのだ。
あんまり恐かったら笑い出しちゃうでしょ?
本気で恐い作品を描ける楳図氏だからこそ本気で笑えるギャグが描けるのだと思う。


多大な作品の中で私が愛して止まない作品は「まことちゃん」。
幼稚園児のまことちゃんとその家族や友達が繰り広げるドタバタなマンガだ。
1976年~1981年まで週刊少年サンデーにて連載。
年齢を問わず楽しめる作品だ。
ただし、下品なことや汚いことが苦手な方にはオススメできない。
楳図氏はまことちゃんが大人になったような方だな。
公式ホームページ
109


少子化問題や遺伝子組み換え、高齢化社会…楳図氏のマンガには未来を予言するようなものもある。
さすが、神様だ。
願わくは新作を期待したいが…ともあれいつまでもお元気で!!と。


ということで、今日はここまで。
サバラっっ!!!

2006年06月06日 | | トラックバック:0 | コメント:2

青空人生相談所

青空人生相談所


橋本治の「青空人生相談所」を読んだ。
80年代特有の文体が苦手で彼の著書も初期の小説などはあまり好みではない。
しかし、だ。
この「青空人生相談所」。
コレは凄い。
その名のとうり橋本氏が10代~50代のいろんな悩みを抱えた人々の人生相談にのっている。
(1985年~なので時代を感じる箇所もある。)


もともと「悩み」なんてものは自分で解決するしかないと私は思っている。
小さな不満や不幸が回避できない、あるいはそれらが積もり積もったものが「悩み」なのだとしたらその根源さえわかれば解決できるはずだ。
でも「悩み」の渦中にいる人々は何に悩んでいるのかすらわからないことに悩んでいる。
そして、そこからなかなか抜け出せないことにさらに悩む。
読んでいて呆れるような相談もあるが、怪しい霊感商法や新興宗教に入れ込まず,橋本氏に救いを求めたことだけは賢い選択だったように思えた。


心理学などの知識のない私には、橋本氏の言葉の一つ一つにすっかり感心してしまった。
橋本氏は人間の本能や深層心理から解決への糸口を導いている。
優しいだけの慰めは一切ない。
悩んでいる人々にとって決して心地良い言葉ではなく、むしろさらに傷つき、痛い思いをするであろう言葉が並んでいる。
相談者に対して「あなたは何々だから何々するしかない」と断言する。
この断言できるパワーに圧倒される。
何が正しくて何が間違いなのかは、それぞれの価値観により違ってくる。
だからこの本の全てが正しいとも間違いとも言い切れない。
しかし、弱気になっている相談者にはこの断言できる強さが不可欠なのは言うまでもない。


今よりもう少し楽に生きたい方は、生きていく上で目線を変えてみるきっかけになる本ではないかなと思う。

2006年06月04日 | | トラックバック:0 | コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。