スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

ウーマン・ラブ・ウーマン

ウーマン ラブ ウーマン


最近、「映画を観る」と言えば、映画館でもなく、レンタルでもなくGyaOを利用する。


今日は「ウーマン ラブ ウーマン」を観た。
ある屋敷を舞台に、異なる時代に住んだ同性愛カップルそれぞれのドラマを描くオムニバス。
同性愛への偏見が強い1961年、女性解放運動真っ只中の1972年、同性愛者が自由を得て次のステップを望む2000年、3つの時代を切り取り、それぞれの愛の物語を鮮やかに描いた良品。
『ブロークバック・マウンテン』のM・ウィリアムズの好演や、C・セヴェニーの男装の麗人姿、珍しく明るくキュートな女性役をこなすS・ストーンも見どころ。


第1話(1961):長年連れ添った恋人を亡くしたレズビアンの老女。
ともに暮らした家に、亡くなった恋人の甥家族がやってきて…。
第2話(1972):女性開放運動家でレズビアンの女子大生は、女性らしさを捨てて男のように装う女性に惹かれてしまう。
彼女の活動からすると軽蔑すべき相手なのだが…。
第3話(2000):仲良く暮らすレズビアン・カップル。
子どもがほしい…と、精子バンクを検討し始めるが…。
63GyaOより転載

同性愛に偏見のある方でも、恋愛をしたことがある方なら違和感なく観れると思う。
異性とか同性とか関係なく、愛した人が、愛する人なんだってことを押付けがましくなく諭す感じの映画だった。
一話から三話までの流れが長すぎず、淡々とスムーズに進むのも良かった。
時代の流れによって周囲の環境や状況が変わるのも興味深かった。
一話のヴァネッサ・レッドグレーヴの、抽象的な言い方になるが「背筋のシャンとした」感じがステキだった。
二話のクロエ・セヴィニーはとにかくヴィジュアルが良かった。
三話のシャロン・ストーンはちょっとはしゃぎすぎの感もあったが、それのおかげで映画の終わりが未来への希望を感じた。
すごくチャーミングな役だ。
良い映画だった。


スポンサーサイト

2006年03月26日 | 映画・テレビ | トラックバック:0 | コメント:0

SID AND NANCY

シド・アンド・ナンシー


中学生の頃、ピストルズが大好きなタケシ(仮名)という親友がいた。
タケシは授業中いつも寝ているかぼんやりしていた。
勉強しているように見えないのに成績は常に上位。
キレるのとは違うけど突飛な行動や言動が多く、問題児扱いされて、よく両親が学校に呼び出されていた。
タケシは悪い子じゃなく、とっても変わった子だった。
物知りで、いろんなことを教えてくれた。
それは言葉だったり、思想だったり・・・とにかくいろんなことをだ。
おまけにタケシはギターが弾けた!!
ちょうど私も音楽に興味を持ち始めた頃でタケシは私の師匠だった。
そうなると大抵は恋に落ちそうなものだが、それはなかった。
なぜならタケシは布施博にそっくりだったのだ。
中学生なのに・・・。


中学校を卒業以来、タケシには会っていない。
噂では大学を卒業した後、郵便局に勤めていると聞いた。
あの頃タケシは私の何年も先を生きている気がしていた。
今はお互い別々の人生を歩んできたのだから、私がタケシに教えてやれることもありそうだ。
いつか一緒に飲める日が来るといいな。


で、映画、Sid And Nancyの話。
この映画、どちらかと言えばピストルズファンには不評です。
ジョニーロットンが「嘘ばっかり!」って言ってるくらいだし。
でも、私は大好きです。
映画と割り切って、それもラブストーリーだと思って観ると。
「きれいはきたない きたないはきれい」って感じと、せつなさ加減が。


ゲイリー・オールドマンは大好き。
このシド役が一番好き。
ナンシー役のクロエ・ウェッブは観ているうちに可愛くていじらしく思えてくる。
あ、ナンシーの友達役でコートニー・ラヴも出てます。
端役ですけど。


2006年03月21日 | 映画・テレビ | トラックバック:0 | コメント:0

南極物語

南極物語


私が小学生の頃、長い休みになると必ず一度は母が映画に連れて行ってくれた。
実家は商売をしているので旅行などで店を休むことはできず、精一杯の家族サービスだったんだと思う。
南極物語も見に行った。
映画館で初めて泣いた映画だ。
単純に自然界のスケールの大きさと厳しさが、とても恐かった。
それまで氷一面の世界なんて見たことなかったし。
オーロラも初めて見た。
太陽が昇るのが待ち遠しい気持ちになる映画も初めてだった。
物心ついてからも二度ほどレンタルして見た。
今度は犬を残してきた人間側の気持ちがわかりさらに泣けた。
どうも小学生の頃は犬の視点で映画を見ていたようだ。


ディズニーでリメイクされた映画も公開が始まったが、とても評判がいいらしい。
http://www.disney.co.jp/movies/nankyoku/
日本版の犬はカラフト犬だったがハリウッド版はハスキーやマラミュートだ。
今度は私が母を誘って見に行きたいな。

2006年03月18日 | 映画・テレビ | トラックバック:0 | コメント:0

リンダリンダラバーソール

リンダリンダラバーソール―いかす!バンドブーム天国


リンダリンダラバーソール―いかす!バンドブーム天国
大槻 ケンヂ (2002/03)
メディアファクトリー ダヴィンチ編集部
この商品の詳細を見る


久しぶりに読み返した。
オーケンの文章はさくさくと読みやすい。
同じことを違う本で書いてあったり、人生を変えるほどのインパクトはないものの、読んだ後、大抵気持ちが穏やかになれる。
ほのぼのとした文章の中に、人を傷つけないくらいの揶揄と毒舌が絡み、号泣はさせないがたまにポロッと泣かす。
独特の言葉のリズム感の良さについつい読み出したら止まらなくなる。
強く記憶に残らないため、何回読んでもそれなりに楽しめる。


そんなオーケンの著書の中でも、私の中で特別な一冊がこれだ。
「リンダリンダラバーソール~いかす!バンドブーム天国」
オーケンの自伝的物語であるが、オーケンファンでなくても楽しめる。
あとがきに書かれているが
・バンドブームの頃にちょうど青春時代だった人々
・現在10代から20代前半のバンドマンたち
・何か始めたいんだけど、自分が何を始めたらいいのかさっぱりわからない人
に読んでもらいたいそうだ。
久しぶりに読み返そうと思い立ったのは帯に書かれてあった”自分はこの先どうなるのだろう?”とぼんやり思うすべての人々へ~という言葉のせいだった。


私は大切な思い出が年月と共に薄れたり、美化されていくのがとても怖い。
だからこの本を読むと限りなく当時の思い出が正確に蘇る。


多分、今の私は心のどこかに不安を感じているのだ。
グータラなヒッキーライフを満喫しているようでも。
読んだ後は「あの頃」があったから「今」があるんだよなとしみじみした気分になった。


っていうか、しみじみする時間があるなら仕事探せよ!!と自分に!!

2006年03月14日 | | トラックバック:0 | コメント:0

わ行

私の頭の中の消しゴム

2006年03月05日 | 映画・テレビ タイトル  わ行 | トラックバック:0 | コメント:0

ら行

ラスベガスをやっつけろ
らせん
ラリー・フリント
乱歩地獄
理想の女(ひと)
猟人日記

リング
リング0~バースデイ~
リング2
ルシアとSEX
ルパン三世 1st シリーズ
ルパン三世 ルパン vs 複製人間
Let'sチェックイン!
レプリコーン 妖精伝説
ロケットマン
ロストボーイ
ロッキー
ロッキー2
ロッキー3
ロック・ユー!
ロミーとミッシェルの場合(ロミー&ミッシェル)

2006年03月05日 | 映画・テレビ タイトル  ら行 | トラックバック:0 | コメント:0

や行

ユニコーン 奇跡の航海
ユリイカ(EUREKA)
妖怪大戦争
夜汽車
夜になるまえに

2006年03月05日 | 映画・テレビ タイトル  や行 | トラックバック:0 | コメント:0

ま行

マイティ・ジョー
マスク2
マルクス兄弟 オペラは踊る
マルティナは海
真夜中の弥次さん喜多さん

卍まんじ
ミート・ザ・ペアレンツ
ミザリー
MR.マグー
未来少年コナン
みんなのしあわせ
もののけ姫
モンスター

2006年03月05日 | 映画・テレビ タイトル  ま行 | トラックバック:0 | コメント:0

は行

π(パイ)
パイレーツ・オブ・カリビアン~呪われた海賊たち~
PARTY7
ハウルの動く城
蝿男の恐怖
はだしのゲン
バッド・エデュケーション
バットマン
バットマン&ロビン~Mr.フリーズの逆襲!!~
バットマン フォーエバー
バットマン リターンズ
バベットの晩餐会
ビーン・ストーク ジャックと豆の木
ビッグ・フィッシュ
ビッグ・リボウスキ
ヒトラー~最期の12日間~
秘密の絆
ファントム・オブ・パラダイス
双子
フラバー

BLUES HARP
ブレイブ ストーリー
フロッグ・プリンス
フューリー
ベッカムに恋して
ベニスに死す
ホーリーマン
ぼくの神様
ぼくを葬る
・僕の大事なコレクション
ポイント・ブランク
星降る夜のリストランテ

2006年03月05日 | 映画・テレビ タイトル  は行 | トラックバック:0 | コメント:0

な行

ナイン・ソングス
ナッシング・トゥ・ルーズ
南極物語
なんちゃってガールズ
ニンゲン合格
猫の恩返し

2006年03月05日 | 映画・テレビ タイトル  な行 | トラックバック:0 | コメント:0

た行

ダーク・チャイルド 血塗られた系譜
第十七捕虜収容所
大脱走
タイム・ラビリンス~時空の扉~
太陽の誘い
タナカヒロシのすべて
旅立ちの時
TAMALA2010 a punk cat in space
小さな中国のお針子
痴漢男
チャイルド・プレイ
TUVALU  ツバル
天使といた夏
電車男
ドアーズ
時をかける少女(2006)
ドク・ソルジャー 白い戦場
DOGVILLE
となりのトトロ
ドラキュラ・イン・ブラッド~血塗られた運命~
トリコロールに燃えて

2006年03月05日 | 映画・テレビ タイトル  た行 | トラックバック:0 | コメント:0

さ行

The Duchess And The Dirtwater Fox
ザ・ハリケーン
誘う女
鮫肌男と桃尻女
三十四丁目の奇跡
サンタに化けたヒッチハイカーは、なぜ家をめざすのか?
しあわせ
しあわせな孤独
刺青 SI-SEI
自転車泥棒
SID AND NANCY
失楽園
シャーロック・ホームズ 四つの署名
シャーロック・ホームズの冒険 四人の署名
ジャングル・ジョージ
食神
シンデレラマン
スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー
素晴しき哉、人生!
SPUN/スパン
すべてをあなたに
世界でいちばん不運で幸せな私
世界で一番醜い女
戦場のメリークリスマス

2006年03月05日 | 映画・テレビ タイトル  さ行 | トラックバック:0 | コメント:0

か行
風と共に去りぬ
彼女は最高 
髪結いの亭主
完全なる飼育
完全なる飼育 愛の40日間
完全なる飼育 赤い殺意
完全なる飼育 女理髪師の恋
完全なる飼育 ~秘密の地下室~
完全なる飼育 香港情夜
岸辺のふたり
きみに読む物語
逆噴射家族
キャッシュマン
キャリー
CURE キュア
禁じられた遊び
雲―息子への手紙
グランディーバ!
クリスティーナ・リッチのピンク・モーテル
クレイジー・モンキー 笑拳
クルーシブル
ゲート・トゥ・ヘヴン
ゲゲゲの鬼太郎(2007)
ゲド戦記

けものがれ、俺らの猿と
CODE46
荒野の七人
個人教授
ゴーン・フィッシン'


2006年03月05日 | 映画・テレビ タイトル  か行 | トラックバック:0 | コメント:0

あ行

アイデン&ティティ
青い目撃者
赤い靴をはいた男の子
赤い月
赤ちゃん教育
アカルイミライ
AKIRA
アシッドハウス
アニー・ホール
嵐の中で輝いて
アリス
或る夜の出来事
アンルーリー~復習の街~

イブラヒムおじさんとコーランの花たち
ウィスキー
ウォーターズ
歌え!ジャニス★ジョプリンのように~ジャニス&ジョン~
ウーマン・ラブ・ウーマン
es〔エス〕
エブリバディ・フェイマス!
エム・バタフライ
エロチック乱歩 人間椅子
オール・アバウト・マイ・マザー
オズの魔法使い
女と男のいる舗道

2006年03月05日 | 映画・テレビ タイトル  あ行 | トラックバック:0 | コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。